日本マイクロソフト"超スムーズ人事"の裏側

外資ITらしからぬ、きれいなバトンタッチ

一方で、昨年7月に、東欧での実績をもとに、ドイツから凱旋帰国して、すでに半年を経過。そして、1年経過時点で日本マイクロソフト社長に就任する平野氏にウイークポイントはないのだろうか。

ひとつあげるとすれば、コンシューマ分野の経験がないことかもしれない。

もちろん、CEEのマルチカントリー ゼネラルマネージャー時代には、東欧におけるマイクロソフトの全事業を担当しており、そのなかには、コンシューマ事業も含まれていた。また、現在、日本マイクロソフトで担当しているマーケティング&オペレーションズでは、コマーシャル事業とコンシューマ事業のいずれもが担当範囲であり、WindowsおよびOfficeに関するコンシューマ向けマーケティングは、平野氏の責任範囲。マーケティングコミュニケーションに関しても、Xboxを除く、コンシューマ製品は平野氏の責任のもとで推進されている。

新製品投入で試される手腕

こうしてみると、コンシューマ分野における営業経験はないが、広い意味ではコンシューマ事業を担当した経験がある。

今年はWindows 10の発売年。それにあわせて、Windows Phoneの国内投入も期待されるタイミングに入ってくる。

その意味でも、コンシューマ分野への展開が重要な年になる1年に、コンシューマの現場経験、営業経験がない平野氏が、どれだけの手腕を発揮するのかは注目すべき点といえる。

最初の課題は、社長就任直後の7月15日に迎えるWindows Server 2003のサポート終了に伴うエンタープライズ事業の取り組みではなく、今年秋以降に発売が見込まれるWindows 10を軸にしたコンシューマ事業での成果ということになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT