日本マイクロソフト"超スムーズ人事"の裏側

外資ITらしからぬ、きれいなバトンタッチ

一方で、昨年7月に、東欧での実績をもとに、ドイツから凱旋帰国して、すでに半年を経過。そして、1年経過時点で日本マイクロソフト社長に就任する平野氏にウイークポイントはないのだろうか。

ひとつあげるとすれば、コンシューマ分野の経験がないことかもしれない。

もちろん、CEEのマルチカントリー ゼネラルマネージャー時代には、東欧におけるマイクロソフトの全事業を担当しており、そのなかには、コンシューマ事業も含まれていた。また、現在、日本マイクロソフトで担当しているマーケティング&オペレーションズでは、コマーシャル事業とコンシューマ事業のいずれもが担当範囲であり、WindowsおよびOfficeに関するコンシューマ向けマーケティングは、平野氏の責任範囲。マーケティングコミュニケーションに関しても、Xboxを除く、コンシューマ製品は平野氏の責任のもとで推進されている。

新製品投入で試される手腕

こうしてみると、コンシューマ分野における営業経験はないが、広い意味ではコンシューマ事業を担当した経験がある。

今年はWindows 10の発売年。それにあわせて、Windows Phoneの国内投入も期待されるタイミングに入ってくる。

その意味でも、コンシューマ分野への展開が重要な年になる1年に、コンシューマの現場経験、営業経験がない平野氏が、どれだけの手腕を発揮するのかは注目すべき点といえる。

最初の課題は、社長就任直後の7月15日に迎えるWindows Server 2003のサポート終了に伴うエンタープライズ事業の取り組みではなく、今年秋以降に発売が見込まれるWindows 10を軸にしたコンシューマ事業での成果ということになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT