日本マイクロソフト"超スムーズ人事"の裏側 外資ITらしからぬ、きれいなバトンタッチ

印刷
A
A

一方で、昨年7月に、東欧での実績をもとに、ドイツから凱旋帰国して、すでに半年を経過。そして、1年経過時点で日本マイクロソフト社長に就任する平野氏にウイークポイントはないのだろうか。

ひとつあげるとすれば、コンシューマ分野の経験がないことかもしれない。

もちろん、CEEのマルチカントリー ゼネラルマネージャー時代には、東欧におけるマイクロソフトの全事業を担当しており、そのなかには、コンシューマ事業も含まれていた。また、現在、日本マイクロソフトで担当しているマーケティング&オペレーションズでは、コマーシャル事業とコンシューマ事業のいずれもが担当範囲であり、WindowsおよびOfficeに関するコンシューマ向けマーケティングは、平野氏の責任範囲。マーケティングコミュニケーションに関しても、Xboxを除く、コンシューマ製品は平野氏の責任のもとで推進されている。

新製品投入で試される手腕

こうしてみると、コンシューマ分野における営業経験はないが、広い意味ではコンシューマ事業を担当した経験がある。

今年はWindows 10の発売年。それにあわせて、Windows Phoneの国内投入も期待されるタイミングに入ってくる。

その意味でも、コンシューマ分野への展開が重要な年になる1年に、コンシューマの現場経験、営業経験がない平野氏が、どれだけの手腕を発揮するのかは注目すべき点といえる。

最初の課題は、社長就任直後の7月15日に迎えるWindows Server 2003のサポート終了に伴うエンタープライズ事業の取り組みではなく、今年秋以降に発売が見込まれるWindows 10を軸にしたコンシューマ事業での成果ということになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT