日本マイクロソフト"超スムーズ人事"の裏側

外資ITらしからぬ、きれいなバトンタッチ

では、なぜこの時期に樋口社長は、会長に退くことを決断したのか。

それは、樋口社長が会見で語った次の言葉に集約されているといえよう。「昨年2月、米マイクロソフトのCEOにサティア・ナデラが就任して以降、マイクロソフトの変革はさらに急ピッチで進められている。日本マイクロソフトもリーダーをリフレッシュし、世代交代をすすめ、さらに変革を進めていくタイミングにあると感じた」。

昨年10月1日に来日したサティア・ナデラCEO(中央、撮影:今井康一) 

ナデラCEOの就任以降、マイクロソフトは、収益の柱としてきたWindowsを無償提供すると発表。さらに、iPadやAndroidでもOfficeが活用できるような取り組みを開始し、クラウド領域においては、競合企業との連携を相次いで発表してみせた。

「Window、Windows、Windows」と、その重要性を繰り返し唱えるのが口癖でもあった前任のスティーブ・バルマーCEO時代には考えられなかったような施策を、「モバイルファースト、クラウドファースト」のメッセージのもとに、大胆に打ち出しているのがナデラCEOになってからの大きな変化だ。それは9割以上のシェアを持つPC市場における王者の戦略から、スマホ、タブレットを加えたデバイス市場においてはわずか14%のシェアしかないというチャレンジャーへの戦略への転換でもあった。

サティア・ナデラCEOより若い社長に

一方で、日本マイクロソフトの歴代社長としては、51歳という最年長で社長に就任したのが樋口社長。そして、社長就任7年という在任期間は、外資系IT企業の社長としても長い。今年58歳になる樋口社長が、そろそろ退任時期を模索していたのも当然のことだろう。実際、昨年2月には、スティーブ・バルマー氏が、58歳でCEOを退いている。樋口社長は、今年、その年齢に達したというわけだ。

今年47歳となった米本社のナデラCEOにあわせて、日本法人も45歳の平野社長へとバトンタッチすることで、若返りの足並みを揃えるといったこともあったはずだ。

「社名を日本マイクロソフトに変えてから、来会計年度がちょうど5年目。また、日本マイクロソフトが創業してから30年目を迎える。そうした記念すべき年に新たなリーダーにバトンタッチできるのはいい形」(樋口社長)という節目も、交代の意思を固くさせたのかもしれない。

ところで、当の樋口社長だが、この7年間の日本マイクロソフトの実績をもとに、米本社へと渡り、米マイクロソフトの経営などに関わっていくという選択肢もあったはずだが、どうもそうした想いはまったくないようだ。

むしろ、会長として日本マイクロソフトの平野新体制を支援する姿勢を明確に示す。

「会長としての仕事は、私が持つ外部のネットワークを生かした活動、さらにはトップ営業や、財界および政府への影響力向上に取り組む」と樋口社長は語る。

次ページ業績好調下での社長交代
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT