高校入試を控える中学生の「内申書サバイバル」 委員長や部長は「争奪戦」、過去問もシェア……

印刷
A
A
高校入試を控える中学生が巻き込まれる、熾烈な内申点争い(写真:マハロ/PIXTA)
夏休みも終わり、2学期が始まった。志望校選びが本格化する時期だ。高校入試を控える中学生の中には熾烈な内申点争いに巻き込まれるケースもある。AERA 2022年9月19日号の記事を紹介する。後編はこちら

内申点の付け方に疑問

「内申がこれでは、都立進学校は難しい」

当記事は、AERA dot.の提供記事です

都内の私立高校に今春入学した男子生徒は、中学3年のとき、三者面談での担任の言葉で志望校への出願をあきらめた。テストの成績はまずまずだが、内申点では3が目立つ状況だった。

「中3から内申を上げるのはムリとも言われました」

男子生徒の母親はこう振り返る。都立入試で内申点が必要なことは入学当初からわかっていた。だが、何をどうしたら上がるのか。内申点の付け方に疑問を抱く。

内申点とは、各教科の学びをどの程度達成できたかを示すもので、教員が作成する。多くの公立高校の受験で、出欠の記録や課外活動の報告を含めた「内申書」が中学から高校へと提出され、合否判定にも使われる。

中学校では昨年度から新しい学習指導要領が実施され、従来の評価に加えて、各教科の「観点別評価」も内申点に加味される。観点別評価とは「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3つ。「態度」までも数値で評価されることになり、内申点を意識してつねに気を張り詰めて学校生活を送る子どもも少なくない。

次ページ公立高入試の内申書の比率はこんなにも違う
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT