なぜ原監督は「非情な決断」ができるのか

セ・リーグ3連覇は「過去の話」

東海大相模高、東海大時代は、父で監督だった原貢氏との親子鷹が話題になった。名門巨人にドラフト1位で指名されて以来、「ON時代」後の看板選手として野球のエリート人生をまっしぐらに歩んできた。さわやかで、やさしい「若大将」といったイメージが強かった。

波乱含みのセ・リーグのカギは指揮官の手綱さばき

しかし、実際には、厳しさは当然で、「大きな賭け」「ギャンブル」のできる勝負勘を兼ね備えた監督であることに気付かされる。

例えば、2014年5月10日の阪神戦(甲子園)では、引っ張り中心のプルヒッターである4番ゴメスを迎えて、三遊間に内野3人を集めたゴメス・シフトを敷いた。

同7月11日の阪神戦(東京ドーム)の6回表に西岡を迎えた場面では、内野5人、外野2人にした。無人のセンター越えで適時打になった原監督は「勝負にいったということ」と説明した。

この2つのケースをみても、なかなか凡将にはできない戦術は、原監督がカリスマになりつつあることを感じさせるケースでもあった。

春季キャンプも中盤から終盤へと差し掛かって、巨人は宮崎から沖縄入り。ヤンキースから新監督になった古巣広島に戻った黒田投手もチームに合流。波乱含みのセ・リーグは、ここから指揮官の手綱さばきにスポットが集まる。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT