なぜ原監督は「非情な決断」ができるのか

セ・リーグ3連覇は「過去の話」

東海大相模高、東海大時代は、父で監督だった原貢氏との親子鷹が話題になった。名門巨人にドラフト1位で指名されて以来、「ON時代」後の看板選手として野球のエリート人生をまっしぐらに歩んできた。さわやかで、やさしい「若大将」といったイメージが強かった。

波乱含みのセ・リーグのカギは指揮官の手綱さばき

しかし、実際には、厳しさは当然で、「大きな賭け」「ギャンブル」のできる勝負勘を兼ね備えた監督であることに気付かされる。

例えば、2014年5月10日の阪神戦(甲子園)では、引っ張り中心のプルヒッターである4番ゴメスを迎えて、三遊間に内野3人を集めたゴメス・シフトを敷いた。

同7月11日の阪神戦(東京ドーム)の6回表に西岡を迎えた場面では、内野5人、外野2人にした。無人のセンター越えで適時打になった原監督は「勝負にいったということ」と説明した。

この2つのケースをみても、なかなか凡将にはできない戦術は、原監督がカリスマになりつつあることを感じさせるケースでもあった。

春季キャンプも中盤から終盤へと差し掛かって、巨人は宮崎から沖縄入り。ヤンキースから新監督になった古巣広島に戻った黒田投手もチームに合流。波乱含みのセ・リーグは、ここから指揮官の手綱さばきにスポットが集まる。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2019<br>信頼される会社は?

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。13回目となる今回はNTTドコモが2年連続、3回目のトップに。SDGs(持続可能な開発目標)など社会課題の解決で順位を上げた企業が目立った。