宮崎VS沖縄、変わる春季キャンプ勢力図

オリックス移動で異変、五輪合宿招致争いも

今年はオリックスがキャンプ地を沖縄から宮崎へ。宮崎と沖縄の「戦い」は続く(「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」/写真:宮崎フォトサービス(MPS) / Imasia)

今年もまた〝キャンプ銀座〟に灯がともった。

プロ野球界にとってキャンプインの2月1日は「正月」といわれる。各チームにとってこの約1カ月は、シーズンの行方を占う大事な期間だが、実は、今年はそのキャンプに異変が生じている。 パ・リーグ前年度2位のオリックスが、沖縄・宮古島から宮崎にキャンプを移転させたことで、勢力図が変わってきたのだ。

なぜオリックスは、沖縄から宮崎へ移ったのか

沖縄には、阪神、ヤクルト、DeNA、中日(以上本島)、楽天(久米島)、日本ハム、ロッテ(石垣島)の7球団、宮崎には、巨人、広島、ソフトバンク、西武、オリックスの5球団が集結した(参考URL=日刊スポーツの「12球団キャンプガイド」などが詳しい)。

1993年以来、オリックスは沖縄・宮古島で22年間にわたってキャンプを続けてきた(その前は沖縄・糸満)が、球場関連施設の老朽化などが目立っていた。離島で練習試合を組む相手に苦慮することもあって、宮崎移転を決断した経緯がある。

新キャンプ地は、宮崎市清武町出身の儒学者・安井息軒(そっけん)にちなんで命名されたSOKKENスタジアムで開催されている。屋内練習場も隣接し、第2球場も今秋完成予定。万全の受け入れ態勢が整ったことが、ついにオリックスを動かしたわけだ。

次ページ危機感を募らせる沖縄
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT