宮崎VS沖縄、変わる春季キャンプ勢力図

オリックス移動で異変、五輪合宿招致争いも

今年はオリックスがキャンプ地を沖縄から宮崎へ。宮崎と沖縄の「戦い」は続く(「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」/写真:宮崎フォトサービス(MPS) / Imasia)

今年もまた〝キャンプ銀座〟に灯がともった。

プロ野球界にとってキャンプインの2月1日は「正月」といわれる。各チームにとってこの約1カ月は、シーズンの行方を占う大事な期間だが、実は、今年はそのキャンプに異変が生じている。 パ・リーグ前年度2位のオリックスが、沖縄・宮古島から宮崎にキャンプを移転させたことで、勢力図が変わってきたのだ。

なぜオリックスは、沖縄から宮崎へ移ったのか

沖縄には、阪神、ヤクルト、DeNA、中日(以上本島)、楽天(久米島)、日本ハム、ロッテ(石垣島)の7球団、宮崎には、巨人、広島、ソフトバンク、西武、オリックスの5球団が集結した(参考URL=日刊スポーツの「12球団キャンプガイド」などが詳しい)。

1993年以来、オリックスは沖縄・宮古島で22年間にわたってキャンプを続けてきた(その前は沖縄・糸満)が、球場関連施設の老朽化などが目立っていた。離島で練習試合を組む相手に苦慮することもあって、宮崎移転を決断した経緯がある。

新キャンプ地は、宮崎市清武町出身の儒学者・安井息軒(そっけん)にちなんで命名されたSOKKENスタジアムで開催されている。屋内練習場も隣接し、第2球場も今秋完成予定。万全の受け入れ態勢が整ったことが、ついにオリックスを動かしたわけだ。

次ページ危機感を募らせる沖縄
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。