なぜ原監督は「非情な決断」ができるのか

セ・リーグ3連覇は「過去の話」

「昨シーズンは非常にふがいない年でした。個の力を出し切った選手がいなかったし、チームも思っていた6割ぐらいしか力を出せなかった。なんとかチームを変えなきゃいけないと思っています」

実力主義に基づく非情な決断ができる名将・原監督

今年のスローガンに掲げた『Show The Spirits~新成』には「ニュージャイアンツ、新しいスタート」という意味が込められた。

不動の正捕手だった阿部を一塁にコンバートした。その代わりとして2年目の小林をキャッチャーに抜擢。沢村を先発からストッパーに、2013年のセーブ王・西村を先発に転向させる。他にも9年目の坂本を主将に任命し、高橋を兼任コーチにするなど、チームの大改造を敢行したのだった。

原監督は「慎之助を一塁にコンバートしたのは、わたしの勝負でもあります」と言って、続けて「結果が出なければ、わたしもたたかれるでしょう」と腹を決めた。

3年連続でトップを極めた組織にあって、役割、ポジションの大幅変更は、リーダーの非情の決断が伴うものだ。

原監督の場合は、これまでも年々チームの形を変えてきたが、今年に関してはさらに大きく舵を切ったといえる。そこに名将となった原監督の強い信念と覚悟がにじむ。

「チームを強くするために解体するんです。昨年の秋季練習初日、グラウンドにでる前に慎之介と話をしました。そして、『わたしは99%キャッチャーに戻す気はない』、本人も『戻るつもりはない』といった。そこからのスタートです。だから他の選手にどんなことがあっても不思議ではない。いかなることが起ころうと実力主義、その一点でチームを作っていきます」

次ページ2015年のセ・リーグは波乱含み
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT