「京都駅」が市街地中心部にないことの理由と利点 日本で初めて開通した「路面電車」が足だった

拡大
縮小
現在の京都駅は4代目。初代京都駅は明治10(1877)年に開業しました(写真:けいわい/PIXTA)
修学旅行生や観光客で多く賑わう京都駅。ところが京都駅から主要な神社仏閣や観光スポットへのアクセスは必ずしも良くない。江戸時代の京都の玄関口は三条大橋であり、現在もこの三条通を中心にその南北に市街地が広がっている。本来ならば、この三条通や四条通といった場所にターミナル駅がありそうなものである。
現在の京都駅の0番線ホームは豊臣秀吉が造営した御土居の南端といわれる。つまり、京都駅より南はかつて郊外であり、人が多く住んでいなかったエリアだった。近代において都市の玄関口となるターミナル駅が、なぜこのような場所につくられたのだろうか。『カラー版 地形と地理でわかる京都の謎』から、京都駅に隠された歴史を一部抜粋、再構成し、お届けする。

京都の外縁部に建設された京都駅

現在の京都駅は4代目で、最初につくられた京都駅は現在よりも市街地寄りだった。現在の京都駅は八条通に平行してあるが、明治10(1877)年に開業した際は140メートルほど北の七条通あたりにあった。そのため、「七条ステンショ(ステーション)」と呼ばれた。

現在よりも市街地に近かったとはいえ、当時の七条通周辺は田畑が広がった地域で、用地買収が簡単だった点が挙げられる。また、これは全国のターミナル駅にもいえることだが、保守的な人々が敷設に反対することがあり、郊外に建てられることが多かった。地方都市に行くと、ターミナル駅を挟んで人口がまったく異なることが多いが、これは都市の外縁部に駅が建造されたためだ。

次ページ京都駅の変遷
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT