泥沼の戦争で糾弾の政治家が民衆を高揚した言葉 ペロポネソス戦争の記録が教える普遍的な教訓

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
印刷
A
A
アテネで戦争を指揮したペリクレス将軍はいかに弁明したのか(写真:evangelos/PIXTA)
約2500年前に書かれた人類最古の戦争史、『戦史』。古代ギリシアで長く覇権を握った大国・スパルタと、新たに勢力を伸ばした新興国・アテネとの間で勃発した「ペロポネソス戦争」の経過が細かく描かれている。
民衆を戦争へと鼓舞する指導者の演説、無謀な作戦でも熱狂の渦に巻き込まれていく民衆……。『戦史』に描かれるのは、古代の出来事とは思えないほど生々しい、普遍的な人間の行動ばかりだ。著者のトゥキュディデスは「人間性というものが変わらない限り、未来は多かれ少なかれ過去の再現になる」と冒頭に書いている。
開戦後まもなく、苦戦を強いられたアテネ国内では、戦争を指揮したペリクレス将軍に非難が集まった。しかしそこで戦争が終結することはなく、そのまま泥沼化していってしまう。糾弾された政治家は、いかに弁明し、逆に民衆の戦意を高揚させたのだろうか? 歴史の教訓として知っておきたい、恐ろしいほどの説得力を秘めたその演説の1節を、『戦史』を親しみやすい日本語に翻訳した新刊『人はなぜ戦争を選ぶのか』より抜粋してお届けします。

責任を指導者に押し付けるのは誤り

諸君らがわたしに腹を立てるのは予想した通りであり、その理由も理解している。わたしが民会を招集したのは、諸君らを叱責し、初心に立ち戻らせるためだ。諸君らはわたしに対して過度に腹を立て、窮状のなかにあって敗北に身をゆだねようとしている。

都市そのものが繁栄しているほうが、一部の市民だけが繁栄し、都市そのものは迷走しているより健全であるのは間違いない。個人が繁栄していても、都市そのものが瓦解しようとしているのであれば、いずれは個人も道連れとなってしまうだろう。

反対に、個人が窮状におちいっていても、国家そのものが繁栄しているのであれば、個人が浮上する機会はいくらでもある。

次ページ個人は都市全体の苦しみを背負うことはできない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT