テルモが米輸血関連事業大手を2200億円で買収、売上高1兆円へM&A加速

テルモが米輸血関連事業大手を2200億円で買収、売上高1兆円へM&A加速

テルモは、米輸血関連事業大手のカリディアンBCT社を約2200億円(26.2億ドル)で買収すると発表した。輸血関連事業とは、血液バンクや血液センターなどに向けて、採血キットや成分採血システムなどを販売するビジネス。世界の市場規模は2000億~2500億円と言われており、新興国の医療水準の向上や、先進国の高齢化などに伴い、年率3~5%で成長している。今回の買収によって、テルモはこの業界で世界首位に躍り出る。

テルモの輸血関連事業は、売上高239億円(2010年3月期)。血液バッグや白血球除去フィルターなどディスポーサブル製品を中心に、1960年代から展開してきた事業だ。日本赤十字社などを販売先に持ち、最近はアジア新興国の需要拡大に伴い、手堅い成長を続けてきてはいたが、「以前から、輸血関連でもっと付加価値の高いものをやりたいと考えていた」と副社長執行役員の中尾浩治氏は言う。 

一方、カリディアンBCTは、2000年以降年12%で成長している企業だ。10年12月期の売上高は5.2億ドル(約440億円)、EBITDAは1.8億ドル(約152億円)。ディスポーサブル製品よりも、高い技術力を活かしたシステムが事業の中心。強みは、売り上げの64%を占める成分採血システム。特に、血小板採血については、高単位血小板採血という高付加価値分野で、世界の半分以上のシェアを誇る。血小板需要の6割はがん患者。先進国の高齢化が進むとともに、需要はますます拡大すると見られている。

カリディアンBCTの主戦場は主に欧米だ。一方、テルモは日本とアジア新興国に強みを持つ。両者が持つ製品と販売市場で、幅広い需要に対応できるというのが、想定されるシナジーだ。将来的には、2社の部材を共通化するなど、効率化に向けた取り組みも考えられる。テルモの輸血関連事業の売上構成比は現在の8%から18%になり、「まずはグローバルに2ケタ成長を目指す」(中尾副社長)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT