フリード/シエンタ購入者が示す「強さと弱さ」 商品力は高くても「メーカーの力」に明確な差

印刷
A
A
コンパクトミニバンの2強「シエンタ」と「フリード」の購入者データを比較した(写真:トヨタ自動車、本田技研工業)

コンパクトなボディでありながら、広い室内に3列シートを持つホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」。どちらも、取り回しのよいボディサイズと手頃な価格から人気のモデルだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

フリードは、「モビリオ」の後継車として2008年に登場後、2016年にフルモデルチェンジを行い現在は2代目が販売されている。シエンタは、2003年に登場し2010年8月に一度生産を終了したが、9カ月後の2011年5月に生産・販売を再開。現行モデルは、2015年にフルモデルチェンジを実施した2代目だ。

両車とも登場から6年以上が経過し、フルモデルチェンジも予想されているが、それでも売れ続けている理由は何か。また、それぞれがどんな理由で選ばれているのか。購入者データから、共通点と相違点を見ていきたい。

分析に使用するデータは、市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kit®」から。また、インテージの自主調査データも活用し、別の角度からも2車種の分析を進める。

<分析対象数>
■フリード:3960名
■シエンタ:4690名
出典:Car-kit。対象は2017年1月以降の新車購入者

販売台数とユーザープロフィール

まずは、両車の2代目登場以降の販売台数を自販連のデータから見てみよう。どちらもコンスタントに売れており、台数が拮抗していることがわかる。

シエンタの売上台数が2019年に大きく伸びているのは、2018年9月のマイナーチェンジによるものだ。外観や装備の一部が変更されたのみで大きなマイナーチェンジではなかったが、ラゲージスペースをフルフラットにできる2列シートモデルの追加効果が大きいと思われる。

マイナーチェンジで追加された「シエンタ」の2列シートモデル(写真:トヨタ自動車)

次に購入者の「性別・年代構成」を見てみると、フリード/シエンタともに30~40代と60代が多くなっている。30~40代はファミリー層、60代はシニアの夫婦がメインとなるだろう。

フリードのほうがやや男性が多く、シエンタは女性が多いが、差は大きくない。2モデルともにターゲットとするところがほぼ同じであるため、納得の結果である。

次ページ両モデルに共通する「購入重視点」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT