速報!大塚家具、父・勝久会長が「退任」へ

娘・久美子社長との"肉親同士の争い"に決着

従来の会員制から、誰でも入りやすいオープン型へと、店舗を改革する(撮影:今井康一)

――再び社長に就任し、どういった改革を進めるのか?

店舗オペレーションは4月以降、オープン型に戻していきたい。3月までは繁忙期で間に合わない。マス広告については、これまでがミスマッチだった。富裕層にはいい広告でも、マスには効かないものもある。セグメントごとにどうアプローチしていくか検討している。

今後はサービスそのものをビジネスにしていきたい。インテリアコーディネーターなど、当社は優秀な有資格者を多く抱えている。購入後の家具のコーディネートや配置換え、また廃棄する場合に家具を引き取るリユース販売なども、広げていきたい。リユース販売では予算の制約のある人でも、ニトリやIKEAと比べ、品質と価格面で、かなりお得なものになるだろう。さらに法人向け需要も力を入れていく。中小企業など開拓余地は大きい。御用聞きなどをすることで、平日営業を増やせば、週末に偏っていた売上高を平準化することにもつながる。

――勝久氏の「ワンマン体制」とされた、コーポレートガバナンスも改善していくのか?

カルチャー、企業風土を変えたい。今まではトップダウンで、指示された通りに動くのが基本だった。右肩上がりの時代にはそれが早く動けるし、効率がよかったかもしれないが、これからは違う。社員のマインドを少しずつでも変えていく。

取締役会では多様な意見を取り入れることも重要だ。それには現状、社内だけでは難しく、社外を生かしていきたい。私の(最初の)社長時代、社外取締役を1人から3人に増やした経緯もある。今月には発表したい。

このまま去るのはもったいない

――大株主とはどう接していくのか。

勝久氏が2割株式を保有する大株主である事実は変えられない。(株式を10%超まで買い増している)米ブランデス・インベストメント・パートナーズは、当社のIRでこれまでもずっとコンタクトしている。現在の問題がコーポレートガバナンスであることは確かだ。

――他の選択肢もあったと思うが、なぜまた戻ることにしたのか?

やっぱりこのまま去るのはもったいないと思った。家具の魅力や可能性はまだ大きい。このまま放置してしまうと、日本のスタンダードがニトリやIKEAになってしまい、すごく後悔する。やってまだ可能性があるなら、それをやれる立場の人が動くことが重要、と考えた。

一回戻すことができれば、後に成長させられる人は、私以外にもたくさんいる。今は3~5年の中期経営計画を考えており、その中で今後の方針を発表したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT