旅をしながらお金を稼ぐ「おてつたび」が人気な訳 「旅行では経験できないおもしろさ」と参加者

拡大
縮小

全国の農家や漁業者など一次産業の従事者や、旅館やホテルなどのサービス業者に、おてつたびマッチングサイトに利用登録してもらい、人手が必要になったらサイト内で募集をかける。おてつだい募集日数は日帰りから1カ月程度まで設定でき、参加者の宿泊場所や報酬は、手伝いの募集者側が負担する。

一方、参加者はおてつたびマッチングサイトで募集される手伝い情報から、自分が行きたい場所や手伝い内容などを見て、応募する。

互いにメリットや発見、出会いのある良好な関係だ(画像提供:株式会社おてつたび)

旅先では、募集者の指導のもと手伝いをする。みかん農家でみかんの選果作業をしたり、旅館でフロント業務や客室清掃、料理配膳をしたり。漁師と共に漁船に乗って魚の選別作業をすることもある。

長期的な手伝いでは、休息日もある。休息日を利用して周辺を観光したり、地域の人と交流したりする参加者も。手伝い期間が終われば、そこから再び旅に出る人も少なくない。そこでさらに地域の良さを知るという。

参加者は、InstagramやTwitterなどで旅の様子を積極的に発信し、地域の良さを伝える。こうした情報を見た人や口コミで、次第に参加者は増えていった。

仕組み化に難しさも、コロナ禍が追い風に

永岡さんは、「産業界はもちろんのこと、国内旅行の仕組みにも課題がある」と語る。

「若い方を中心に、資金がないから旅を断念するという話を聞きます。それならばもっと気軽に旅に出れるようにと、“旅をしながらお金を稼げる仕組み”を作ろうと思い至ったんです」

株式会社おてつたび代表取締役CEOの永岡さん(写真:筆者撮影)

おてつたび事業を立ち上げると決めた永岡さんは、勤めていた企業を退職し、1人で活動開始。当時住んでいた東京都内の家も解約して、半年間はノマドワーカーのように過ごす。全国のさまざまな地域を巡り、事業の構想を多くの人に話した。

次ページ短期的労働を支えられる存在に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT