よく聞く「モンテッソーリ教育」って結局何する? 「~してあげよう」の思いが子の成長の邪魔に…

拡大
縮小
今注目を集めるモンテッソーリ教育とは何かその基本から解説します(写真:Graphs/PIXTA)
この記事の画像を見る(6枚)
モンテッソーリ教育とひと言でいっても、名前くらいは聞いたことがあるけれど、はっきりとはわからないという方は多いのではないでしょうか。『マンガで読む おうちモンテッソーリ教育のはじめ方』より一部抜粋し再構成のうえ、今注目を集めるモンテッソーリ教育とは何かその基本から解説します。

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、グーグルやフェイスブック、アマゾンなどの創業者、また将棋の藤井聡太棋士などが学んだ教育法として注目を浴びました。多くの教育法が子育ての経験から生まれているのに対して、モンテッソーリ教育は、医学、生物学、心理学といったさまざまな学問の土台の上に成り立つことが最大の特徴です。

1907年に、イタリア初の女性医師であったマリア・モンテッソーリが確立した教育法で、子どもが自分でなんでもできるように環境を整えた「子どもの家」をつくったのがその始まりだとされています。

「子どもはすべてのことができるように生まれてくるのです。もし、できないことがあるとすれば、物理的に不可能な環境にあるか、どうすればいいのか、やり方がわからないだけなのです」という考えの下、子どもの家ではすべてが子どもサイズで自分でできるように環境を整えました。

その新しい環境におかれた子どもたちが、生まれ変わったように活動を始め、当時の人々に衝撃を与えました。その姿は「新しい子どもの誕生」と称され、世界中から見学者が絶えなかったそうです。

また、モンテッソーリは、0歳から24歳までの6年ごとを4つの期間に分けて「発達の四段階」としました。子どもは年齢を経るごとに、体の成長に比例して心も中身もなだらかに成長していくものだと大人は考えがちですが、モンテッソーリは次のように言っています。

「子どもの中身は年齢ごとに大きく変容しています。それは、あたかも、蝶が卵で生まれ、青虫になり、さなぎになり、美しい蝶に羽化していくかの如くです」と。

今、わが子がこの四段階のどこにいるのか、次の「発達の四段階」を確認してみましょう。

次ページ「発達の四段階」の解説はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT