歴史で習う「西郷隆盛は征韓論者」がどうも違う訳 武力を背景にした強硬路線に異論を唱えていた

印刷
A
A
朝鮮に対する西郷隆盛のスタンスとは?(写真:Ystudio/PIXTA)
倒幕を果たして明治新政府の成立に大きく貢献した、大久保利通。新政府では中心人物として一大改革に尽力し、日本近代化の礎を築いた。
しかし、その実績とは裏腹に、大久保はすこぶる不人気な人物でもある。「他人を支配する独裁者」「冷酷なリアリスト」「融通の利かない権力者」……。こんなイメージすら持たれているようだ。薩摩藩で幼少期をともにした同志の西郷隆盛が、死後も国民から英雄として慕われ続けたのとは対照的である。
大久保利通はどんな人物だったのか。実像を探る連載(毎週日曜日に配信予定)第37回は、欧米視察から帰国した大久保と西郷の関係性の変化についてについて解説します。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。
<第36回までのあらすじ>
薩摩藩の郷中教育によって政治家として活躍する素地を形作った大久保利通。21歳のときに父が島流しになり、貧苦にあえいだが、処分が解かれると、急逝した薩摩藩主・島津斉彬の弟、久光に取り入り、島流しにあっていた西郷隆盛が戻ってこられるように説得、実現させた。
ところが、戻ってきた西郷は久光の上洛計画に反対。勝手な行動をとり、再び島流しに。一方、久光は朝廷の信用を得ることに成功。大久保は朝廷と手を組んで江戸幕府に改革を迫る。その後「生麦事件」という不測の事態が襲うが、実務能力の高さをいかんなく発揮し、薩英戦争でも意外な健闘を見せ、引き分けに持ち込んだ。
勢いに乗る薩摩藩。だが、その前に立ちはだかった徳川慶喜の態度をきっかけに、大久保は倒幕の決意を固めていく。閉塞した状況を打破するため、島流しにあっていた西郷の復帰に尽力。西郷は復帰後、勝海舟と出会い、長州藩討伐の考えを一変。坂本龍馬との出会いを経て、薩長同盟を結んだ。
武力による倒幕の準備を着々と進める大久保と西郷。ところが慶喜が打った起死回生の一策「大政奉還」に困惑。さらに慶喜の立ち回りのうまさによって、薩摩藩内でも孤立してしまう。
一方、慶喜もトップリーダーとしての限界を露呈。意に反して薩摩藩と対峙することになり、戊辰戦争へと発展した。その後、西郷は江戸城無血開城を実現。大久保は明治新政府の基礎固めに奔走し、版籍奉還、廃藩置県などの改革を断行した。そして大久保は「岩倉使節団」の一員として、人生初の欧米視察に出かけ、その豊かさに衝撃を受けて帰国する。

大久保利通が留守の間にすっかり変わっていた政府

確かに日本は欧米に比べて、大きく後れをとってしまっている。しかし、地道に国力をつければ、ドイツのように後進の小国でも、列強と渡り合える近代国家へと成長できるはず。大久保利通は1年5カ月にもおよぶ岩倉使節団での海外経験を経て、そんな手ごたえをつかんでいた。

これからの日本はドイツを目指す。そして自分はドイツの鉄血宰相ビスマルクになろう――。そう意気込む大久保だったが、帰国して政府に復帰してみれば、あまりのことに愕然とする。

「これはいったい、どういうことなのか。私が留守の間に、すっかり変わってしまっているではないか……」

わが目を疑うとは、このことだろう。大久保がいない間に、大蔵省の権限が大幅に縮小されていたのだ。予算配分をめぐって、大蔵省は各省と対立して孤立していた。なかでも、舌鋒鋭く大蔵省を批判したのが、司法卿の江藤新平だったという。

次ページ激怒した江藤が言ったこと
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT