うつになり「壊れていく父」…娘が抱え続けた葛藤 多重人格のようになり、自殺予告を繰り返す

印刷
A
A
壊れていく父の思い出を持ちながら暮らす舞さんが今語ることとはーー(写真:筆者撮影)

「“いい父親”だった時期が長かった分、壊れてしまった父親を見るのが辛かった」。20代の舞さん(仮名)の言葉には、痛みがにじんでいた。

小学生のときから、ある競技に打ち込んできた舞さんは、中学生のときに、世界大会で優勝までしている。毎日練習に付き添ってくれたのは父親だった。でもその父親は、舞さんが高校生のとき、すっかり変わってしまった。

アルバイトをいくつも掛け持ちしてきたが、最近やっと給付型の奨学金を受けられるようになった。大学院に通いつつ就職活動も始めたという舞さんに、家族のなかで見てきたものを、語ってもらった。

真面目で人当たりがよく、みんなに好かれていた父親

初めてその競技に触れたのは、小学校に入る少し前だった。「楽しい」と思い、父親にねだって道具を揃えてもらった。以来、毎日のように練習を重ねた。

この連載の一覧はこちら

世界大会に二度出場し、中学のときには総合優勝までしている。もともと日本のレベルが高く、世界大会は国内大会と同レベルというが、それにしても簡単なことではない。

練習場には、いつも父親が車で送り迎えしてくれた。会社はそのために早退をしていた。「子育てが趣味」のような父親だった。

勉強もスポーツもできる舞さんを、父親はいつも応援していた。舞さんは、この幸せな日々がずっと続くと思っていた。

次ページ父親が変わり始めたのは、高校2年の終わり頃
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT