「ペントハウス」に見る韓国コンテンツの強気戦略 実は世界だけじゃない、国内コンテンツも充実

拡大
縮小
海外で注目されている韓国コンテンツ、実は国内向けのコンテンツも充実しているといいます(写真:K-Angle/PIXTA)
インターネットによって、国境、言語、クリエイターと消費者という枠組みなど、あらゆるボーダーはなくなりました。デジタルプラットフォームを駆使することで、誰もが世界中にコンテンツを届けることができるようになったためです。
そんな時代だからこそ、「その国らしさ」「あなたらしさ」に価値が出ます。世界の人々は、その国でしか表現できない、あなたにしか表現できない、まだ見ぬ新しいコンテンツを待っているのです。
その時代の変化をうまく捉えて、世界的なヒットを次々と生んでいるのが韓国。新刊『コンテンツ・ボーダーレス』では、BTS、「愛の不時着」「イカゲーム」など、いま勢いに乗る韓国コンテンツの事例を中心に、世界へコンテンツを届ける方法について解説。本稿では、同書の抜粋を3回に渡ってお届けします。今回は第3回です(第1回はこちら、第2回はこちら)。

近年、世界的に大きな影響を及ぼしている韓国コンテンツは、ドラマ、映画、音楽などを含め、すべてが海外進出を目指しているのだろうと思う人も少なくないと思います。

しかしそれは、すべてのコンテンツに当てはまる話ではありません。むしろ、韓国コンテンツの中には、国内向けに作られているものも非常に多く、世界進出を目指しているものばかりではないということをお話ししていきましょう。

「商品」としてのコンテンツ

韓国ではコンテンツを、「作品」という概念とともに、「商品」の1つだと思う人が多いのです。たしかに商品の一種だと思えば、コンテンツというものを作る前からターゲットを明確にすることが当然必要だと思うのでしょう。韓国ではコンテンツを作る際にまず決めるのがどこにターゲットをおくのかということです。

もちろん20年ほど前に比べると、今は「韓国コンテンツ」というカテゴリーに属するだけでも海外で注目を集めやすくなりました。一方で、実際に海外ではそれほど知られていないのに、韓国国内で大人気のコンテンツもあれば、韓国国内ではそれほど話題にならなかったものが海外で大きな反響をもたらし、あとから韓国国内で関心が高まる、ある意味、逆輸入のようなものもあります。

ここで筆者がお伝えしたいことは、何度も世界的な成功事例を作り上げた韓国コンテンツといえども、大事なのは「コンテンツの目指す先をはっきり分けること」です。

次ページなぜ目指す先を分けるのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT