「訪日客」受け入れ再開で株価が上がる意外な業種 訪日客数の増加に日経平均株価はどう反応?

印刷
A
A

一方、図表2の右表はもう1つの方法を用いて、インバウンドの回復で株価の上昇が期待される業種を選んでみました。具体的に次のように選別を行いました。まず、毎月、新聞に“インバウンド”という言葉が使われた記事の件数をカウントします。その数が増えるときは世の中でインバウンドに注目が集まっているときと考えられます。

そして記事件数の増減と株式収益率の連動性が高い業種を選んだ結果が図表2の「インバウンドの記事数が増える時に株価の上昇が大きい業種」です。記事件数をカウントする対象は、日本経済新聞社が発行する各紙、全国紙、一般紙、専門紙、スポーツ紙・夕刊紙の合計187紙とします。

統計的な分析方法については、先ほどご説明した図表2の左表と同様に感応度分析を行います。記事件数の前年同月比が2倍となった場合に、東証33業種指数のそれぞれの前年同月比が何%上昇するかを求めました。

世界的な景気の回復によって訪日観光客が増える傾向

その結果、空運業が7.5%上昇するとの結果で第1位となりました。2つの方法での分析結果でともに1位となったことから、インバウンド回復で最も恩恵が大きい業種として強い裏付けを持っているといえそうです。

第2位が石油・石炭製品、第3位が機械となっています。これらの業種は世界的な景気敏感業種です。世界景気が回復すると石油などの燃料需要が増えることから石油、石炭製品の業界の恩恵は大きくなります。

機械に関してはさまざまな分野の企業が含まれますが、例えば建設機械などの銘柄で言えば、中国などのアジア景気が拡大して、建設需要が高まると恩恵が大きい企業も見られます。このような世界的な景気回復が旅行者数を増やして、訪日観光客が増える傾向とも連動していると見られます。

つまり“原因”は世界的な景気の回復によって機械の需要が増えることにあります。石油・石炭製品の業界にメリットがあるということは“結果”になるのですが、日本への旅行者が増えるという“結果”も、同時に起こるということです。

このように、図表2で取り上げた業種は統計的な結果だけでなく、その背後にある理由もわかりやすく、インバウンド回復で連動高が期待される業種と考えられます。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT