「訪日客」受け入れ再開で株価が上がる意外な業種 訪日客数の増加に日経平均株価はどう反応?

印刷
A
A
統計的な手法を用いて、データから外国人旅行者の復活で期待される業種を探ってみました(写真:Fast&Slow/PIXTA)
この記事の画像を見る(3枚)

6月10日に海外からの観光客の受け入れが開始されました。観光庁の推計では、コロナ禍前の2019年には平均して1日当たり8万7000人を上回る数の外国人旅行者が日本に入国していました。今回は観光目的以外での訪日も含めて1日の入国者数の上限が2万人という制限がある中での受け入れスタートです。

このためマスコミ報道からは“慎重で、静かな”受け入れ再開とも言われています。実際の観光客は1日当たり6000人程度(ブルームバーグの推計)になるとも見られており、現状では2019年の6.9%程度にとどまります。

外国人旅行者の復活で期待される業種とは

しかし、政府は今後、緩やかに入国制限の緩和をしていくと見られます。6月7日に「経済財政運営と改革の基本方針2022(骨太方針)」が閣議決定されました。このなかで「観光立国の復活」を目指すことが示されています。円安進行で外国人にとって日本は訪れやすい国となっています。また2025年には大阪・関西万博も予定されており、今後は緩やかながら外国人旅行者数の増加が期待できます。

コロナ禍で、外国人旅行者に関連する業界は厳しい環境を強いられてきました。しかし今後、長期的に見れば復活が期待されます。そこで今回は、統計的な手法を用いてデータから外国人旅行者の復活で期待される業種を探ってみました。

次ページまずは外国人旅行者の推移を見てみましょう
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT