「それでも米国株は年内上昇する」と予想するワケ 今の市場はあまりにも悲観的になっていないか

印刷
A
A
FRBの利上げや金融引き締めを警戒して株価は下落基調。だが今は警戒しすぎなのかもしれない(写真:ブルームバーグ)

前回(6月6日)のコラム「日米の株価がもう一段上昇しそうな『2つの理由』」では、「日米など主要国の株価は、底打ちした感がある」(ただし2023年には景気が反落する懸念)と述べた。

しかし実際には、短期の市況見通しを完全に誤ったようだ。10日あたりから、主要国の株価はアメリカの5月分の消費者物価指数の前年比での上振れも悪材料となって、調整色を強めてしまった。

今のところ、日経平均株価は年初来安値までにはまだ余裕があり、重要な節目となっている5月の安値もぎりぎり割り込んでいない。だが、NY(ニューヨーク)ダウ工業株30種平均は今年の年初来安値を更新し、ついに3万ドルの大台も下回った。

とはいえ、前回のコラムと大枠の見解は変わっていない。足元の、とくにアメリカ株は売られすぎの度合いを強めており、すぐにではないとしても、年末に向けて上昇基調に復すると予想している。ただ、これも前回のコラムで述べたように、2023年は実際の景気悪化から、主要国の株価が大きく下押しする局面が再来するとも考えている。

相場サイクル論からアメリカ株を考えるとどうなるか

そのような大枠の見解を、これまでの相場推移と合わせて、市況のサイクル論でまとめ直してみよう。なお、以下はアメリカ株についての見解だ(日本株もある程度並行的に動いている)。

相場がさまざまな局面を循環(サイクル)する、という考え方がある。典型的には「金融相場」(金融緩和による株価上昇)→「業績相場」(金融緩和が景気や業績を改善させることによる株価上昇)→「逆金融相場」(景気過熱に対応するための金融引き締めによる株価下落)→「逆業績相場」(金融引き締めが景気や業績を悪化させることによる株価下落)をたどる、とされている。

なお、金融相場と業績相場の間に「中間反落」、逆金融相場と逆業績相場の間に「中間反騰」が位置する、との解釈もある。

こうした「株価がサイクルをたどる」という考え方は、かなり教科書的なもので、上記のようにサイクルがきれいにぐるりと回る、とは限らない。各サイクルの時間の長短も局面によってかなり異なる。その結果、例えば逆金融相場より中間反騰のほうが期間も長くなる、などといったこともありうる。

次ページサイクルはわかりづらくなっている
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT