グーグル「Nexus Player」は買いなのか

スマホとテレビを繋ぐ1万2800円の箱の正体

その課題について、筆者の体験から、具体的な事例を1つ挙げよう。筆者の家では、主にスポーツ中継を見るために、ケーブルも契約している。正確には、契約せざるを得なかった、というところだ。

NBCやESPNなどのスポーツチャンネルのアプリがApple TVには用意されているが、ケーブルテレビの契約がなければこのアプリをアクティベートできず、仕方なくの契約となった。2014年は冬季オリンピックやサッカーワールドカップなどがあり、リアルタイムで見られなかった映像をApple TVで楽しむというスタイルが便利だった。

待たれるセットトップボックスの進化

ドラマやドキュメンタリーなどは既にストアでのレンタルや販売、ストリーミングに対応しているが、こうした放送権や広告が関わるスポーツイベントについては、まだネット向けのセットトップボックスだけで楽しむのは難しい。

アップルはこのあたりについて、権利保有者と交渉を行っているというニュースが昨年出ていたが、まだ具体的な内容が示されているわけではない。

次(第4世代)のApple TVについても、まだその姿は明らかになっていないが、例えば4Kへの対応、ゲームコントローラーへの対応、そしてケーブルテレビ局のより深い対応などが期待され、Siriへの対応も競争上不可欠なものとなるだろう。

アップルにはスマートホーム連携の開発キットであるHomeKitがある。Apple TVが今後、HomeKitをサポートし、家の中のIoTデバイスを束ねる役割を担うという使い方は自然だ。すぐに家の中のデバイスの状態を大きな画面で確認し、リモコンや音声で操作できる環境は、すでに難しくない将来の姿といえる。

(写真は各社の製品紹介ホームページより転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT