南果歩さん「重度のうつから再生して見えた景色」 離婚、がん闘病を経て見えた「神様のシナリオ」

印刷
A
A

最大の幸せは人生の最後に訪れると信じて

「私はつねに今がいちばん楽しみなんです。だから、最近は舞台のことだけを考えていますね」

出演中の舞台「パンドラの鐘」(演出・杉原邦生)は、1999年に故・蜷川幸雄氏の依頼で野田秀樹氏が書き下ろした戯曲。かつては、2人が演出したバージョンが同時期に上演され、大きな話題を呼んだ作品だ。今回も豪華な俳優陣と気鋭の演出家が足並みを揃えての再演とあって、連日、盛り上がりを見せている。

「お仕事も出会いはタイミングですよね。野田さんの作品はずっと観る側でしたけど、今こそ、演じてみたいと思えました。演出家の杉原さんや共演者の皆さん、素晴らしい方とご一緒できることもワクワクしていて。いつもそうなんですが、お稽古が始まったら、他のことは考えずに、仕事に専念します。舞台がすべての毎日になるんです」

今年の秋にも新たな舞台が控えている。海外ドラマ「Pachinko パチンコ」もシーズン2が決まった。最近の南さんは、今が盛りの花のようにエネルギッシュに咲き誇っている。

「素晴らしい仕事に恵まれ、ますます活躍していますねと言っていただきますけど、それは、私が身軽になったからだと思います。何かを手放さなければ新しいものは手に入らない。ひとり身に戻っていなければ、海外ドラマにもチャレンジできなかったかもしれません」

20代の頃から世界中を旅することが好きな南さんは、人生もまた旅だと感じている。

乙女オバさん
南さんの近著『乙女オバさん』(小学館)。
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「人生は自分だけのものだし、1人旅ですよね。各々1つの道しか通れないし、その道でしか見られない景色があると思う。だからね、結婚も出産も離婚も、社会から強要されるなんてナンセンス。どんな風に生きようが、上も下もない。自分が歩みたい道を歩めばいいですよ。私は命の限り、たくさんの景色が見たい。この先も美しい風景が見たいんです」

転がる石に苔はつかないというけれど、雨風を避けない花は年々、根を太くして枯れることを知らない。

「予想外のことも大変なこともあるけど、神様のシナリオに抗わず一途に歩いていたら、みんな最後は人生でいちばん幸せになれるんじゃないかな。『いろんなことがあったのは、この場所でこの景色を見るためだった!』と旅の終わりにそう思える景色が待っていると信じています」

前回記事:自身を「乙女オバさん」と呼ぶ南果歩さんの真意
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT