好き、求められている、学べるが仕事の3条件--『ムーンショット デザイン幸福論』を書いた奥山清行氏(工業デザイナー、KEN OKUYAMA DESIGN CEO)に聞く

好き、求められている、学べるが仕事の3条件--『ムーンショット デザイン幸福論』を書いた奥山清行氏(工業デザイナー、KEN OKUYAMA DESIGN CEO)に聞く

アメリカ、ドイツ、イタリアで25年暮らして身に付けた、奥山流「幸福を探す仕事術」。今、必要なのは「ことづくり」だという。

──最高に幸福だと思える人は、掃除機のダイソン氏ですか。

ジェームズ・ダイソンさんは肌もつやつやで、僕のロールモデルだ。自ら開発したサイクロン掃除機の紙の模型(モックアップ)を持ちながら、世界中を自家用機で飛び回る。行動力の人であり、掃除機に人生を懸けている。

ダイソンさんはフィルターなしにこだわり、ベアリングの一つひとつ、さらにはダニの研究にまで、ディテールにこだわってものづくりをしていく。「神は細部に宿る」といわれるが、掃除機がこんなに面白くなるとは、ほかの誰も想像できなかったのではないか。エンターテイナーとしてもすばらしい。

──ダイソン氏は羽根のない扇風機も手掛けています。

これも急に出てきたのではない。実はダイソン社は、手洗いの乾燥機(クリーンドライ)の技術も持っている。風を起こして水滴を飛ばすあの仕組みだ。それを一歩進め、風の向きを扇風機仕様に変えた。何年も技術的に積み上げ、しっかり検証したうえで商品化したものだ。彼の、ずっと続けるという継続力には頭が下がる。

──この本には、自分自身がライバルとあります。

代表作は、と問われたら、自分の次の作品と答えている。ものを作っていて、何がいちばんつまらないかといえば、自分の前回作のレベルにも達しないことだ。つねに前の自分を超えていく。それも、自分自身で楽しんで、興奮して、最高のものを提供することによって。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT