好き、求められている、学べるが仕事の3条件--『ムーンショット デザイン幸福論』を書いた奥山清行氏(工業デザイナー、KEN OKUYAMA DESIGN CEO)に聞く

好き、求められている、学べるが仕事の3条件--『ムーンショット デザイン幸福論』を書いた奥山清行氏(工業デザイナー、KEN OKUYAMA DESIGN CEO)に聞く

アメリカ、ドイツ、イタリアで25年暮らして身に付けた、奥山流「幸福を探す仕事術」。今、必要なのは「ことづくり」だという。

──最高に幸福だと思える人は、掃除機のダイソン氏ですか。

ジェームズ・ダイソンさんは肌もつやつやで、僕のロールモデルだ。自ら開発したサイクロン掃除機の紙の模型(モックアップ)を持ちながら、世界中を自家用機で飛び回る。行動力の人であり、掃除機に人生を懸けている。

ダイソンさんはフィルターなしにこだわり、ベアリングの一つひとつ、さらにはダニの研究にまで、ディテールにこだわってものづくりをしていく。「神は細部に宿る」といわれるが、掃除機がこんなに面白くなるとは、ほかの誰も想像できなかったのではないか。エンターテイナーとしてもすばらしい。

──ダイソン氏は羽根のない扇風機も手掛けています。

これも急に出てきたのではない。実はダイソン社は、手洗いの乾燥機(クリーンドライ)の技術も持っている。風を起こして水滴を飛ばすあの仕組みだ。それを一歩進め、風の向きを扇風機仕様に変えた。何年も技術的に積み上げ、しっかり検証したうえで商品化したものだ。彼の、ずっと続けるという継続力には頭が下がる。

──この本には、自分自身がライバルとあります。

代表作は、と問われたら、自分の次の作品と答えている。ものを作っていて、何がいちばんつまらないかといえば、自分の前回作のレベルにも達しないことだ。つねに前の自分を超えていく。それも、自分自身で楽しんで、興奮して、最高のものを提供することによって。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。