好き、求められている、学べるが仕事の3条件--『ムーンショット デザイン幸福論』を書いた奥山清行氏(工業デザイナー、KEN OKUYAMA DESIGN CEO)に聞く


 そのときそのときの仕事にほれ込んでいないと、デザイン業はできない。正しい正しくないでなく、好き嫌いとなる。いちばんほれ込んでいるのが自分でないと、とても本心でプレゼンテーションすることはできない。だから、つねにライバルは過去の自分であり、次の仕事は今やっている仕事より、さらにいい仕事ということなる。

──つねに上り坂?

上れなくなったら、やめるしかない。僕のような体育会系の切り込み隊長といったタイプの経営者は、自分が部下の誰よりもでき、かつ内容を誰よりもよくわかっていないと駄目だ。そうできなくなったら引退だろう。

──調整、管理好きの日本人では少数派ですね。

それが不思議。日本人はそんなぬるま湯で仕事をしているのかどうか、大きな疑問だ。アメリカやドイツ、イタリアでも仕事をしてきたが、僕みたいなのは当たり前だった。むしろ僕以上に頑張り、努力している人たちに山ほど出会ってきた。

--「好き」が仕事を受ける三つの条件に入っています。

好きでないと続かないし、学ぶものがないとつまらない。さらに、求められていないところに自分から入っていくのはたいへんだ。仕事は相互通行なので、求められていることが必須といえる。この三つの条件がそろわないと、受けても満足のできるものはできない。

──スーパーカーのデザインでも、もちろん求められた?

たとえば、フェラーリのエンツォを手掛けさせてもらえたのは、その業界で生きてきた人には見えないものが見えたからだろう。国を捨ててイタリアまで行って仕事をする人間には、悲壮感が漂う。一旗揚げないと日本に帰れないから、並みの努力ではない努力をした。まず仕事の量を果敢にこなした。量をこなせば質が自然についてくる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT