好き、求められている、学べるが仕事の3条件--『ムーンショット デザイン幸福論』を書いた奥山清行氏(工業デザイナー、KEN OKUYAMA DESIGN CEO)に聞く


 フェラーリは子どもが見てもわかりやすいスーパーカーだ。ポルシェのターボも誰が見ても異質で、空から飛んできたような、それだけわかりやすいものがあった。日本には説明しないとわからないものが山ほどありすぎる。子ども時代の自分の頭の中に残るフェラーリの写真、ポルシェのイメージといった、子どもが見てもわかるものを作ろう。振り返ってみると、そうしたのかなと思う。

──ブランドの重圧はありませんでしたか。

ブランド品に高い値段が付けられている理由は、それを買うことによって、同時にその向こうにある暮らしぶりも見えてくるから。それに必要な対価を、人は払う。だからブランド品は、ライフスタイル全体を作り出して初めて、高価格でありうる。人がブランド品を買うのは手段にすぎない。そのライフスタイルへ向かうドアを開くために買うのであり、それだけ、トータルエクスペリエンスが構築されていることが重要だ。

今、産業全般で、どの方向に行くかさかんに模索がなされている。たとえば、コモディティ化した商品を売っている製造業は熾烈な価格競争で、コンマ以下の利益率といったものばかりになっている。しかし成功している商品もある。それをつぶさに見ると、ハードウエアで利益を上げているのではなく、トータルなインフラやシステムで、人に提供するエクスペリエンスを通じて利益を上げている。コモディティの行き着くところも、ハード単体ではビジネスが成立しない。製造業、サービス業を問わず、産業界のあり方もますます変わってくる。

──電気自動車はどうですか?

電気自動車はハードとしてはホイールの中にモーターを入れる、無人操縦にするなどで、既成の車にないことがいろいろでき、デザインの自由度は高まる。それをどう生かしていくかは、設計者次第だ。この機会に、今までと圧倒的に違う機能を作り出すことも可能だ。いろいろなデザインが競い合える時代が来る。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?