「GRカローラ」遂にベールを脱いだ日本仕様の全貌 隠し球の限定車「モリゾウエディション」も登場へ

印刷
A
A
アメリカで先行発表されたトヨタ「GRカローラ」の日本仕様の詳細が明らかになった
この記事の画像を見る(24枚)

12代目の頭出しとなったハッチバックの「カローラ スポーツ」に初めて試乗したとき、筆者はある記事でこのように記した。

「ドイツの巨人とガチンコ勝負するために奇を狙わず“直球勝負”で挑んだ1台だ。カローラ=コンサバの代表から脱却したワイド&ローで踏んばりのあるプロポーション、シンプルながらも質の高いインテリア、剛の中に柔(=しなやかさ)があるボディー、トヨタ車最良と言ってもいいくらい直結感と滑らかさがあるステア系、程よく引き締まるもしなやかな足さばき、熱血系ではないが程よくスポーティーなハンドリング……と、すべてにおいて従来のカローラとは別次元の性能を備える。

ただ、『誰でもどこでも気負いなく乗れる』というカローラのDNAはシッカリと受け継がれているなど、トヨタの『もっといいクルマ作り』がわかり易い形で表現された1台である。

直近の歴代モデルを振り返ると「扱いやすい」「燃費がいい」というイメージばかりで、走りについて語るべき事はまったくなかった事を考えると、まさしく新型の登場は『カローラ50年目の革命』と言ってもいい」

豊田章男社長とカローラの浅からぬ縁

その後、セダン、ツーリング(ワゴン)、クロス(クロスオーバーSUV)とバリエーションを増やしていくが、カローラシリーズのフラッグシップを担うのが「GRカローラ」だ。GRの名を冠することからわかるように、トヨタのスポーツブランド「GR」(TOYOTA GAZOO Racing)のオリジナルスポーツカー第4弾でもある。

このクルマにとくに強い思いを持っているのはトヨタ自動車社長の豊田章男氏だ。実は豊田社長のターニングポイントには必ずカローラがいた。

最初は少年のとき。第3回日本グランプリ観戦時、宿泊先の箱根・ホテル花月園から富士スピードウェイまで初代カローラ主査・長谷川龍雄氏が運転するカローラの助手席でのドライブこそが、カローラの原体験だったそうだ。10歳の章男少年は颯爽と操る長谷川氏を見て「かっこいいおっさんだなぁ」と幼いながらに感じたという。

次ページ青年時代、そして社長時代
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT