参天製薬が進める次世代育成プロジェクト、10年計画で従業員のニーズに対応

参天製薬が進める次世代育成プロジェクト、10年計画で従業員のニーズに対応

合成抗菌点眼剤など医家向け目薬のトップ企業である参天製薬は、子育て支援にも積極的に取り組んでいる。

厚生労働省は、1999年から仕事と育児・介護とが両立できるような制度を持ち、労働者が柔軟な働き方を選択できるような企業を「ファミリー・フレンドリー企業」として表彰してきたが、同社は2008年に同企業として厚生労働大臣優良賞を受賞した。

また、07年と10年には、次世代育成支援対策推進法に基づいて、積極的に子育てを支援している事業主として、厚生労働大臣から「くるみんマーク」(注)を取得した。

実現性のあるものに取り組む

同社が推進する次世代育成支援は05年にスタートした。03年に次世代育成支援対策推進法が成立。常時雇用する労働者が301人以上の企業に対し、05年4月からの10年間に何らかの取り組みを行うことが義務づけられたことを機に、これまで行ってきた支援策を見直し、新たな計画を立てた。

まず、人事グループと従業員組合からプロジェクトメンバーを募集。労使共同プロジェクトとして育成支援を進めることにした。

育児や介護に対する支援内容を決めるに当たって、育児経験がある従業員に対してアンケートを行った。育児をしながら働くうえで困ったことや、これから求めることを調査するためだ。だが、育児に対するニーズは個人ごとに大きく異なりまとまらなかった。

 そこで、さまざまなニーズの中から「実現性のあるものに取り組んでいくことにしました」(人事グループ給与・福利厚生チームの繁多満子チームマネージャー)。

朝夕の子どもの送迎がスムーズに

プロジェクトでは、一期を2年のスパンとし、第一期から第三期までの施策が実施された。その経過を紹介する。

第一期に当たる05~06年度の取り組みでは、育児休業期間を最大2年とした。また、未消化の年次有給休暇を私傷病用に最高40日まで積み立てられる制度があったが、これを育児・介護にも適用できることにした。そのほか、両立支援ブックレットの作成など、支援の基礎となるさまざまな制度が実施された。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT