就活生はなぜ「研修制度」について質問するのか 採用現場でも発揮される「いい子症候群」的行動

印刷
A
A
就活生がよくする質問から見えてくる、ある傾向とは(写真:kikuo/PIXTA)
春。会社説明会シーズンが終わり、そろそろ面接開始という企業も多いだろう。毎年この時期になると、採用担当や面接官になった同僚から「若者たちの本音がまったく見えない」「イライラする」と愚痴を聞くこともあるのではないだろうか。
とくに最近では「人前でほめられたくない、目立ちたくない、埋もれていたい」という若者も激増している。イノベーションとモチベーションの研究家が、若者心理に迫った新著『先生、どうか皆の前でほめないで下さい』が話題を呼んでいるが、金沢大学と東京大学で教鞭を執る著者の金間大介氏は、学生たちの就職活動を間近で見ていて気づくことがあるという。

人事が凹む質問「御社の研修制度」

就職活動がいよいよ本格化してきた。

『先生、どうか皆の前でほめないで下さい』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

今年も会社説明会や採用面接の際に、こんなテンプレートなやり取りが繰り返されている。

「それでは学生の皆さん、何か聴きたいことはありますか?」

(しばし沈黙)

「なんて、いきなり質問なんてしにくいですよね(笑)。でも、どんな初歩的なことでも構わないですよ。皆さんはわからないことがあって当然なんですから」

それで、ようやくなされる質問がこれだ。

「はい。質問ですけど、御社ではどのような研修制度が用意されているのでしょうか」

おいおい、また研修制度か。

と、人事担当の皆さんは凹んで当然だと思う。

次ページ「仕事にもマニュアルがあるはずだ」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT