20代男性の4割がデート未経験の「本当」の理由 「いい子症候群」の若者たちにおける恋愛観

印刷
A
A
若者たちがデートをしない理由、それは――(写真:YUJI/PIXTA)
20代男性の4割はデートした経験がない――。6月14日に公表された内閣府『令和4年版男女共同参画白書』が大きな話題を呼んでいる。
新著『先生、どうか皆の前でほめないで下さい――いい子症候群の若者たち』が話題の金間大介氏は、デート離れの理由として、インターネット上では男性の経済力の低下や1人時間の充実が取り上げられていることについて「ちょっとずれていると感じる」としつつ、「デートしないのは、いい子症候群の典型例」だと指摘する。

20代男性の4割がデートの経験がない

冒頭から思い切って現在の大学生の恋愛観を一言で表そう。それは、「大学在学中に彼女(彼氏)ができないと、その後一生独り身確定」という考えだ。これはもはや日本全国約260万人の大学生の共通認識となっていると言っても過言ではない(かもしれない)。

『先生、どうか皆の前でほめないで下さい』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

6月14日に公表された内閣府『令和4年版男女共同参画白書』が大きな話題を呼んでいる。20代男性の65.8%は妻や恋人がおらず、39.8%はデートした人数0人。20代女性も似た傾向にあり、51.4%に夫や恋人がおらず、25.1%がデート未経験――。

たしかに4割の20代男性がデートの経験がないとは驚きだ。しかし、もっと驚くのは、これが単なる出会いや時間の問題ではないということだ。白書によると、30代男性の34.1%、30代女性の21.5%がやはりデート経験0人となっている。つまり、男性の場合でいえば、平均して+10年の猶予を与えたとしても、わずか5.8%しかデートデビューしていない(正確には、現在の20代が30代になったときには、この値はもっと小さくなっている可能性すらある)。もはや「デート未経験層」は固定化されていると考えたほうがいい。

白書の公表以降、この10日間ほどでなされた解釈としては、次の4点に集約される。①経済力の低迷(特に男性の)、②恋愛や結婚に興味のない人の増加、③ひとり時間の充実、④出会いの減少、だ。

次ページデートはまるで何かの嗜好品?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT