「傷ができたらまず消毒」はNG!?「傷ケア」の新常識 「鼻血・あかぎれ・虫刺され」のときの対処法は?

印刷
A
A
子どもがケガをしたときの傷の対処法が、昔と今では変わってきています(写真:タカス/PIXTA)

消毒する?しない?

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

暖かくなり外遊びをする機会が増える今は、転んだり、ぶつけたり、子どものケガが増える時期でもあります。GWに子どもがケガをして慌てた人もいるでしょう。そこで気をつけたいのが傷のケア方法。

昔、自分がしてもらったことをそのまま子どもにしている、という方は要注意です! 以前は常識だとされていたことが、今では非常識になっていることも。そこで今回は、「つながる ひろがる 子どもの救急」代表で、竜美ヶ丘小児科 小児救急看護認定看護師の野村さちいさんに、傷ケアの新常識について教えていただきます。

(イラスト:Domani編集部)
次ページ消毒で傷の治りが遅くなることも…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT