「姿勢が悪い人」が実は緊張状態にある意外な理由 ネガティブ思考が生み出す緊張が体を縛る

印刷
A
A
緊張の罠から抜け出すには呼吸が重要です(写真: horiphoto/PIXTA)
肩こりや腰痛などの不調を招く「悪い姿勢」は、体の緊張状態が原因の1つです。緊張をゆるめるためにどうすればいいのでしょうか。『「肩こりに悩む人」が知らない呼吸という根本問題』に続き、リハビリを支援する理学療法士であり、アレクサンダー・テクニーク国際認定教師でもある大橋しん氏が上梓した『魔法のフレーズをとなえるだけで姿勢がよくなるすごい本』が解説します。

姿勢を悪くする筋緊張を生み出すもの

生まれたときからねこ背の人はいません。それが成長とともに社会の中でたくさんの「思考」や「言葉」を用いるようになり、損得勘定やストレスで少しずつ体が筋緊張に縛られていくようになる。いつしかその筋緊張に慣れてきてしまい、体の荷重バランスを崩し、「本来あるべき自然な姿勢」をどこかへ置き忘れてきたかのように、姿勢を悪化させてしまうわけです。

もっとも、「思考」や「言葉」が筋緊張やねこ背を引き起こす原因だったとしても、私たちは考えたり話すことから逃れられません。私たちは、ついつい頭の中で「よけいなこと」を考えてしまいがちです。ぼんやりしているときになんとなく「嫌なこと」を思い浮かべてしまい、そのことを思い巡らしているうちにネガティブ思考にハマっていってしまう人も多いでしょう。

そういった「よけいな思考」は、私たちの心身に微妙な影響を与え、「よけいな筋緊張」を生み出しています。筋緊張は月日とともに積み重なり、いつの間にか私たちの体を「見えない緊張の縄」でがんじがらめに縛っていってしまうのです。

私は、「ついつい頭の中で考えてしまうよけいなこと」は、大きく4つに分かれると思っています。

1つめは「過去のこと」です。これは、過去に失敗したり恥をかいたりした苦い経験を思い出して、「何であんなことをしちゃったんだろう」「あの時、ああすればよかった、こうすればよかった……」と後悔と自責のネガティブ思考にハマってしまうパターンです。起きてしまったことは変えられないというのに、「よけいな思考」にとらわれてしまうわけですね。

2つめは「未来のこと」です。これは、暗い未来を想像して、不安や心配を募らせてしまうパターン。「コロナの影響で会社が潰れたらどうしよう」とか、「重い病気になって働けなくなったらどうしよう」とか……。まだ何も起きていない未来を心配しても仕方ありません。しかし、「よけいな思考」にとらわれると、どんどん悪い想像をふくらませてしまいます。

次ページ「よけいな筋緊張」から自分を解き放つ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT