「わずかな報酬」「生還保証なし」で成功の求人広告 非日常性を与えて「ひらめき」を生む戦略質問

印刷
A
A
会社の一大事、戦略の立案は少人数かつ短期間でもできます(写真:ふじよ/PIXTA)
戦略の立案は会社の一大事だ。情報収集、分析、ディスカッション、取りまとめ、文書化、おびただしい時間が費やされる。経営陣はもちろんのこと、多くの人材を巻き込み、数カ月をかけて戦略を立案していく。その中では社内調整が行われ、結果として予定調和的な可もなく不可もない戦略に落ち着いてしまう。
「短期間」でかつ「少人数」でつくったほうが優れたものができると考えるのは、長く戦略コンサルティングを行ってきた金巻龍一氏。氏の著書『戦略質問:企業の課題と解決策を見抜く』より抜粋・編集して、少人数かつ短期間での戦略立案をするための「問いかけ」「質問」について紹介していく。

「わずかな報酬」とうたって成功した求人広告 

『戦略質問:企業の課題と解決策を見抜く』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

よほどの大企業、有名企業であったとしても、人材の悩みを抱えていない企業など、あるわけがないと思う。経営者の方々に、「人材面での課題はありませんか」などと聞いたら、お叱りを受けるのは明白である。

筆者は人材戦略を語る場合、人材がその企業にだけ期待すること、すなわち、その会社の「社員を誘致する磁石」が何かについてから議論をする。

とくに経営者の方々と話す際に、とても雄弁で効果抜群の言葉を披露させていただきたい。

次ページ世界で最も古い求人広告
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT