日テレ「はじおつ」が海外でバズった真の理由 数十億円の収益化を見据えた「ビジネス戦略」

印刷
A
A

一方、Netflixはドラマや映画のみならず、リアリティーショー番組の多様性にも力を入れる方針を進めています。日本で長年にわたり人気を誇り、撮影方法からコンセプトまで独自性のある「はじめてのおつかい」は理にかなうコンテンツであると思われます。

つまり、日本テレビとNetflixの双方が合致した戦略なくして、結果としてバズを生むことができなかったと解釈できます。

「日本の古き良き慣習」が独自性として映る時代。それが海外でバズを生み出した要因の1つにある(写真:日本テレビ)

すでに「はじめてのおつかい」の海外リメイク化は進められています。海外における子ども向け番組の需要は日本以上に高く、ファミリー層にも受けが良い「はじめてのおつかい」は海外で年々契約数を増やしているところです。

2007年にイタリアで現地版が制作・放送されたのを皮切りに、2009年にイギリス、2011年にベトナム、2013年に中国、2019年にシンガポールで現地版が制作・放送される実績を作っています。ベトナムではシーズン6まで続く人気ぶりで、シンガポールでもシーズン3の制作が決定し、ヒットしていることがわかります。

「¥マネーの虎」の成功例

日本テレビ制作のバラエティー番組が海外で成功している事例は他にもあります。「¥マネーの虎」がその代表例に当たります。海外リメイクの展開国は45を超え、世界的にも世界ヒット番組として認識されています。日本国内では放送終了している番組ですが、アメリカの4大ネットワークのABCやイギリスの公共放送BBCなどで今もなお放送が続いています。

これは要するに長期的なリターンが実現していることを表しています。事実、「¥マネーの虎」単体の海外売上は年々増加し、累計で数十億円の収益を生み出しています。日本テレビにとって今回の「はじめてのおつかい」の海外でのバズは、収益化の本番を意味するものでもあるのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT