「2年で2倍」電気代高騰し続けるフランス人の悲鳴 4人に1人が電気・ガス代払えないという調査も

印刷
A
A
2021年に行われた調査では、8割以上の人がエネルギー消費に懸念を抱いていると回答した(写真:Nathan Laine/Bloomberg)

フランスに住む日本人女性のくみと、日本に住んだ経験を持つフランス人男性のエマニュエルが日本とフランスの相違点について語り合う本連載。今回は各国で話題になっている電気やガス料金の値上げ。フランスでは独自の事情から、電気料金が大幅に上がっているようです。何が起きているのでしょうか。

広い家では電気代が月500ユーロに

くみ : 先月、日本では急な大規模停電予告があって、各家庭や職場での節電が求められたとニュースで見た。フランスでも去年から電気・ガス代の大きな値上がりがあって政府が補助なども考慮したり、ということがあったわね。

この連載の一覧はこちら
 

東京と比べてパリがそこまで電気代が高いイメージはなかったのだけど、70平米ほどのパリ中心部に住む知り合いは、毎月100ユーロを越えるそうで、さらには広いアパルトマンだと月額500ユーロと聞いたこともあって驚いた。

私もセントラルヒーティングのアパルトマンに引っ越すとか、備付けの古い暖房ではなく、熱効率と節電率が高いと言われる独立型の暖房に切り替えるべきなのかと最近悩んでいるのだけど、エマニュエルはどう?ここ数年での電気代の高騰を身にしみて感じることはある?

エマニュエル : 確かに、フランスでも現在、電気代の値上げは大きな問題になっている。2022年には、政府の介入がなかった場合には、値上がりは35%にもなっていただろうと言われている。今年2月に政府が、値上がりの限度を4%までと規定したために、今はまだどうにかなっているけれど、4月に行われる大統領選挙後はいったいどうなることか……。

次ページ電気料金が急騰している背景
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT