ソニー、「ポスト・テレビで復活」のシナリオ

今度こそ、独自の世界を築けるか

「テーブルトップスクリーン」はタブレット端末のようにスクリーンを操作できる

前出の中山氏はこうした状況を踏まえ、「テレビとの比較はしていない。まずは新しい映像空間に共感してもらうことが重要で、(テレビとは)共存していきたい」と話す。無理にポスト・テレビを意識せず、目先の課題解決を重視していく構えだ。

ただソニー内では、ライフスペースUXについて「ネクストテレビの方向性の一つ。将来的にはテレビのハードがなくなって、プロジェクターに代替される可能性もある」(ソニービジュアルプロダクツの今村昌志社長)という声もある。

パナソニックも参戦?

ソニーだけではない。パナソニックの津賀一宏社長も、CES会場でのポスト・テレビについての報道陣の質問に対し、「今のテレビ放送しか見られない箱であれば、われわれの製品群からは消えていく。ただたとえばプロジェクターが現状の性能を大きく上回って、形状も家具に埋め込まれるような、まったく従来とは異なるものが受け入れらたら、それが次のテレビになっていく可能性はある」と語った。

津賀社長の発言内容は、ソニーのライフスペースUXのイメージに近く、同様の製品が今後パナソニックから出される可能性も感じさせる。ライフスペースUXが先陣を切った「ポスト・テレビ」の覇権争い。日本でも2015年以降に大型版から発売が開始し、いよいよレースの号砲が切られることになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング