ソニー、「ポスト・テレビで復活」のシナリオ

今度こそ、独自の世界を築けるか

ライフスペースUXのフラッグシップモデル、4K超短焦点プロジェクター

1月6~9日、米ラスベガスで開催された世界最大級の家電見本市「CES」では、例年どおり、電機大手各社の4K、8K対応の大型テレビの展示があふれ、高解像度や薄さなどの形状を競い合っていた。

しかし、テレビ自体、市場がすでに成熟化しており、いくら高解像度や形状を競っても会場では目立たなくなっているのも確か。そうした中、数少ないポスト・テレビの時代を見据えた製品として、CES会場内でも目立つ長い行列ができていた一角があった。ソニーの「ライフスペースUX」の展示スペースである。

日本では3月に発売

ライフスペースUXは、プロジェクターを用いて映像を部屋の壁などに投影し、表示する製品群。すでに2014年のCESでソニーは発表しており、米国で大型版の販売も開始しているが、今年はその製品群を広げ、小型の普及価格帯の製品を発売することも正式に発表された。

従来のプロジェクターとの違いは、機器と壁との距離が10センチメートル台と近くても、映像を映し出すことができる点だ。今まではスクリーンとの間に一定の距離が必要であることから、人が通ると影ができてしまったが、その課題をクリアした。

ラインナップの一つ、大型の「4K超短焦点プロジェクター」は、壁際に置くだけで最大147インチの4K映像を表示できる。デザインも家具風で目立たず、映像を楽しみたい際だけ壁に投影すればよい。外国や自然などの風景を映し出せば、その場にいる臨場感も味わえる、いわば“究極のプロジェクター”だ。スピーカーも内蔵し、機器からは迫力ある音も流れる。昨年の米国に続き、2015年3月中にも日本で発売されることが決まった。

次ページ普及への課題は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。