働くママの評価制度は成果主義でいこう 勤務時間で測られたら、堪らない

印刷
A
A

塩野:キャリアの最初からそういう教育をしないとなれないと思います。私の勤務先でも女性が他社の経営企画部長に転職したり、在籍したまま社外取締役になったりしていますが、日常的に「経営者の立場で考えろ」という教育を受けています。

田中:確かに新人に「社長になりたいですか」と聞くと、女性は「想像もしたことがなかった」となりがち。まあ、いまは男性でも社長になりたがらないと聞きますけど。経営の楽しさを女性も知っておいたほうがいいでしょうね。

塩野:いま、政策的に女性の取締役を増やそうという動きがあります。それに対して、おじさんたちの中には「実力もないのに、上に上がる女性が増えるのは困る」と言う人がいるんですけど、それに対してなんと言うべきですか。

田中:「実力のある男性ばかりが上がっているんですか?」って言いますね(笑)。「あれっ?」って思う質問に対しては、主語を変えて聞き返します。「早く帰るの?」って聞かれたら、「早く帰らないんですか?」って。

働くお母さんを襲う“罪悪感”

塩野:田中さんはいま、「リーママプロジェクト」で、男性社会に対してある種の働きかけをされていますが、具体的にはどういうアクションがありますか。

田中:情報交換を通じて、働くママの文化を築くことですね。働くお母さんの中には、「このままでいいのかしら」と、罪悪感を持っている人が多いので。

塩野:罪悪感ですか。

田中:男性が聞くとびっくりするでしょう。働くお母さんは罪悪感を持っているんですよ。

塩野:何に対する罪悪感ですか。

田中:会社では、みんなが残業しているのに、私は早く帰らないといけないから申し訳ない。家庭では、専業主婦のお母さんは子供のことをずっと見ているのに、私は1日数時間しか見てあげられない。子供にお留守番をさせている。可哀想なことをしている。仕事も母親業も、どちらもすごく後ろめたい気持ちでやっているんです。それこそ生産性が落ちるじゃないですか。

塩野:生産性が落ちますね。

次ページ「リーママ」の取り組みの先にあるものは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT