ゼレンスキーとジョブズ、2人の意外な共通点 「アイデア」の力こそが、世界を変革できる!

印刷
A
A
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ。2人の共通点とは?(写真左:Ukrainian Presidential Press Office/AP/アフロ、写真右:ブルームバーグ)
「コンペに負け続けて仕事ゼロ」から一発逆転、「毎年、アイデア1本で数千万円の仕事をいくつも獲得し続けている」男がいる。杉森秀則、組織に属さない「一匹狼」でありながら、大企業を相手に「勝率88%以上」を誇る常勝プランナーだ。
多くの業界人が知りたがった杉森氏独自の「アイデア発想法」を初めて公開した『バカ勝ち!アイデア――人生のチャンスをすべてモノにする最強の発想法』が刊行された。
「断言します。アイデアは、人生を変革します。アイデアひとつで、周囲の人と同じだった人生が一変します」
そう語る杉森氏に、アイデアがもつパワーと、「ひらめき不要」「超実戦的」なアイデア術を解説してもらう。

人生を決定するもの、それは「アイデア」だ

連日、さまざまなメディアに登場するウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領。彼を見ると必ず、私はひとりの人物を思い浮かべます。その人物とは、アップル創業者スティーブ・ジョブズです。2人はとても似ています

バカ勝ち!アイデア: 人生のチャンスをすべてモノにする最強の発想法
『バカ勝ち!アイデア――人生のチャンスをすべてモノにする最強の発想法』(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

では、2人の共通点とは何でしょうか? プレゼンテーションの達人? メディアの利用がうまい?

違います。2人の共通点、それは衣装です。

ご存じのように、ジョブズはつねに黒のタートルネック(イッセイミヤケ製)にブルージーンズ(リーバイス製501)姿でした。自宅でも事務所でも同じものが大量にあり、それを着回していました。

ゼレンスキーは、つねにカーキ色のTシャツ姿です。SNSで、国民に向けて世界に向けてメッセージを発信する際、いつも必ず「戦闘服」です。その姿は美しい(日本の政治家が災害訓練の際に着る防災服のフィット感とは雲泥の差です)。

さすがに国連安保理に出席するときは正装するだろうと私は予想したのですが、うれしいことにその予想は裏切られました。Tシャツではありませんでしたが、同じカーキ色のハイネックジャンパーでした。

2人の共通点は、「自らが選択して衣装を統一する」という点です。

「なーんだ、たかが服か!」と冷笑なさるかもしれません。しかし、私は彼らのこの意思決定を「アイデア」と呼びます

次ページ使い古された言葉、アイデア
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT