インフレ迫るいま「株式投資が強い」と言える理由 「資産形成にとって恐れるべきリスクの1つ」

印刷
A
A
インフレは私たちの生活にどういった影響を及ぼすのでしょうか? (写真:avanti/PIXTA)
ロシアによるウクライナ軍事侵攻が始まり、2カ月以上が経ちました。世界的なエネルギー産出国であるロシアからの原油供給が滞ることが懸念され、現在、原油価格が高騰しています。こうした物価の上昇、すなわちインフレ(インフレーション)は私たちの生活にどういった影響を及ぼすのでしょうか? 『ランダムウォークを超えて勝つための株式投資の思考法と戦略』の著者である田渕直也氏にインフレによる経済的なリスクや資産形成への影響をうかがいました。

無視できないインフレの長期リスク

近年、とくに日本では物価上昇、すなわちインフレがほとんど生じてきませんでした。したがって、インフレのリスクを意識する人は少ないでしょうが、長期的な観点で考えると、インフレは資産形成にとって最も恐れるべき重大リスクの1つです。

歴史的に見ると、物価が低位安定する時期が比較的長く続く一方で、短期的に物価が高騰する局面がときに出現します。そうした意味からすると、ここ何十年かインフレがほとんど生じてこなかったからといって、長い目で見たときに今後もそのリスクを無視することはできません。

ここ数十年の間、世界的にみて、経済や金融には大きな構造変化が起きていました。その要因にはいろいろなものがありますが、結果として超がつくほどの金余りと低金利がもたらされたのです。もちろん低インフレ化も、この構造変化と密接にリンクしています。

低成長下であり余ったお金はモノに向かわずにインフレ圧力が消え、金融市場に流れ込んで金利低下をもたらし、さらには、かつての基準からするとかなり割高となった株価をさらに押し上げます。

そしてインフレ率の低下は金融政策を緩和気味に推移させることを可能にし、一層の金余りと金利低下を促します。それがずっと続いてきたので、投資家はインフレを懸念することなく投資を続けることができました。

ところが現在、脱炭素化をめぐるさまざまな調整圧力、コロナ禍からの経済回復に伴う供給制約、グローバルなサプライチェーンの見直しなどから、世界的にインフレ圧力が急速に高まっています。

ここ数十年続いてきた低インフレの時代が、大きく変わり始める兆候が表れているのです。ウクライナ危機は、その潮流の変化を強力に後押しする出来事です。さらに、ここに来て急速に進む円安によって、日本にもインフレリスクは着実に忍び寄ることになるでしょう。

次ページインフレとは?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT