「株の暴落は最悪3年続く」と考えるべき明快理由 愚の骨頂・狼狽売り避けるマインド作りが重要

印刷
A
A
長期投資で複利の恩恵を享受するには、狼狽売りを避けることが重要。つまり、暴落への心の備えが大事だ (写真:SB/gettyimages)
長期投資で重要なのが、狼狽売りを避けること。複利の恩恵を得るためにも重要なポイントですが、暴落時の恐怖は経験した者にしかわからないのもまた事実でしょう。そこで重要なのは「暴落は最悪3年続くと考えること」だと、サラリーマン投資家の長期株式投資氏は語ります。『オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資』から一部抜粋・再編集してお届けします。

すべての投資家が株式投資を続けていくうえで避けては通れない、そして、過去に多くの個人投資家が株式投資をやめてしまった最大の原因である「株価暴落」について解説します。

株式市場において、暴落は定期的に発生しています。私が株式投資を始めた2004年から数えても、2006年のライブドアショック、2007年のサブプライム危機、2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災、2015年のチャイナショック、2016年のブレグジット、2018年のVIXショックと世界同時株安、2020年のコロナショックと、数年おきに暴落が発生しているのです。

株式投資の歴史を少し振り返っただけでも、「暴落は不可避」という事実が確認でき、恐怖を感じますが、しっかりと準備しておくことで、株式市場から退場させられることはなくなります。

とはいえ、実際に暴落が起こると、運用資金が急激に減少していく事態に直面し、多くの個人投資家は冷静な判断ができなくなってしまいます。苦労して貯めたお金を投資しているので、これは当然のことでしょう。

この精神的なダメージを緩和するためにも、過去の暴落で何が起こったのか、どのように振る舞えばよかったのか、その歴史から学んでおきましょう。

「下落率の高い銘柄を買う」という戦略

最悪をあらかじめ想定することは、株式市場で生き残るうえで非常に大切です。想定していなかった事象が発生すると、対処するのに多大な労力と困難をともないます。

しかし、暴落が起こった時にどうするのかをあらかじめ決めておけば、パニックになって相場から退場させられるという最悪の事態だけは、少なくとも回避できるはず。

次ページ21世紀の暴落の歴史は…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT