「不本意未婚」結婚したいのにできない若者の真実 一生結婚しないという「選択的非婚」3割の時代

印刷
A
A

しかし、これも若年層と中年層で分けてみると違う景色が見えてきます。出生動向基本調査に基づき、「1年以内に結婚したい」と「理想の相手がいたら結婚したい」という層を「結婚したい人口」と分類し、20~34歳までの若年層と35~49歳の中年層とで男女の人口差がどれくらいあるかを見てみます。

若年層は「女余り」状態

それによれば、若年層では、2000年代以降、結婚したい人口は男女逆転し、いわゆる「女余り」状態になっています。これも以前に『300万人男余りでも女性が婚活で苦労する背景』で書きましたが、単純な未婚人口比較では300万人以上も男が余っているのに、婚活の現場では女余りになってしまうことの表れでもあります。

34歳までの年齢は、男女とも婚姻数が最も多い年齢層であり、そのボリュームゾーンでは「結婚したい女性が結婚できない」現象が起きています。一方で、中年層では、圧倒的に「男余り」状態です。

つまり、年代別結婚したい人口の推移から見ると、「結婚できない男」と「結婚しない女」という単純な構造ではなく、「結婚できない若い女」と「結婚できない中年男」という構造が見えてきます。

続いて、これら年代別の「結婚したい人口」が、その後の5年間でどれだけ初婚をしたかという「結婚希望達成率」を算出します。初婚数は5歳階級別の初婚数を人口動態調査より当てはめています。

これによれば、中年男女は、達成率そのものは低いですが、結婚したいという希望者に対する達成率は、男女とも若干下降基調であるものの1990年以降それほど変わりません。

次ページ注目は若年層の推移
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT