大谷翔平の投球が「打たれにくい」科学的な根拠 スライダーの精度が上がった2つの要因

印刷
A
A

ところが後半戦に入ると、脚を上げてから股関節が下がらず、振り子のように左脚が前に出てくるようになった。この動きを見て、股関節の使い方がうまくなったと感じたものだ。

また、実際に私が測定をしたわけではないので、映像を見たうえでの想像になるが、ステップ幅も変化したという印象を受ける。ステップ幅を短くすることで体重を右脚に乗せやすく、マウンドの傾斜に合わせた体重移動がしやすくなる。これも股関節の使い方に影響していたのかもしれない。

コンパクトな振りから繰り出される多彩な球種

私がこれまでの指導でピッチャーたちに伝えてきたことは、速球と変化球で20~30km/hの球速差があると非常に有効ということ。持ち球に球速差が出ることで、高低や左右のコースの変化に加えて、緩急という変化が加わる。その緩急に必要になる球速差が先ほどの数値となる。

大谷翔平 2021年データブック
『大谷翔平 2021年データブック』(日東書院本社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

そういった面で大谷選手を見ると、フォーシームの球速を160km/hとした場合、カットボールやスプリットが140km/h台後半、2種類のスライダーは130km/h台、カーブが120km/h台と、40km/hほどの球速差を操ることができる。フォーシームを抑えて投げたとしても30km/h程度の球速差があるボールを投げられる。

バッターは基本的に速球に的を絞っており、その状態で変化球がきたらうまく対応しようとする。ところがこれだけ球速差があると、的を絞ることがかなり難しくなる。次の表は大谷選手の成績とリーグ1位の成績を比べたものだが、1位と比較しても遜色のない数字が目立つあたりが、2021シーズンの活躍を物語っている。

※1 クオリティ・スタート(6イニング以上&自責点3以下の先発登板)
※2 1投球回あたり何人の走者を出したかを表す数値。与四球数と被安打数を足した数値を投球回で割ることで求められる
※3 奪三振 と与四球 の比率で、「K/BB=奪三振÷与四球」で求められる

大谷選手はどのボールも質が高いのだが、カーブも質の高い持ち球のひとつである。カーブは日本ハム時代から投げていたが、当時は変化が大きく、そこそこスピードもあるパワーカーブと呼ばれるボールだった。

一方で2021シーズンに投げていたカーブは球速を抑えたもので、空振りを取るというよりは、配球の幅を広げるために用いていたと感じるし、そのような使い方が非常に効果的だった。

また省エネのフォームでフォーシームを投げるようになったのだが、いざというときはギアチェンジをして、160km/h台の速球で勝負もできる。

このように的を絞らせない投球の幅が広がったことで、三振だけでなく少ない投球数でアウトを取るという「打たせて取る」ピッチングのコツをつかんでいった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT