「腸にいいスムージー5品」は、驚くほど超簡単だ 「果物」「野菜」をたっぷり摂れるお手軽ドリンク

拡大
縮小
生野菜や果物をたっぷり摂取できるスムージーは腸活に最適ですが、さらに効果を高めるにはコツがあります(写真:Almaje/PIXTA)
この記事の画像を見る(7枚)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワードのベスト3」に選出されるほど、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど、世界中で話題になっている。
日テレ系列「世界一受けたい授業」(2021年5月22日放映)でも紹介され、「アダムスキー式腸活メソッド」をすべて解説した『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』は、日本でも9万部を超えるベストセラーになっており、大きな反響を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか? 今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が「スムージーで腸活するコツ」について解説する。

「生野菜」「果物」をたっぷり摂れる「スムージー」

新年度が始まり、「この春から新しい生活が始まった」という方も多いのではないでしょうか。

リズムが変わるこの時期は、生活があわただしくなりがちです。忙しいときには「スムージー」のような簡単なもので食事を済ませられると便利ですよね。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

材料をそのままミキサーにかける「スムージー」のいいところは、「生野菜」や「果物」をたっぷりと摂取できるところだと思います。

今、日本でも話題の「アダムスキー式腸活法」は、「腸に汚れをため込まず、腸が働きやすい環境を整えてあげることで心身の健康を手に入れよう」というメソッドです。

この腸活メソッドで「腸のお掃除効果が最も高い」と考えられているのが、果物です。

アダムスキー博士は、「1日1回はフルーツを摂取すること」が腸の健康につながると話しています。また、アダムスキー式腸活法では、「野菜はかさが大きいほどお掃除効果が高くなる」ため、生野菜もおすすめされています。

今回は、そんな「生野菜」と「果物」をたっぷりと摂取できる「スムージーのおすすめの飲み方」について解説します。

次ページ大切なのは「材料の組み合わせ」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT