これまでとまったく違うヤバい円安が起きている デフレマインドに支配されているのは日銀だけ

印刷
A
A

その理由は、冒頭で述べたように、日銀が、あえて円安が進むような金融政策をとったからである。無制限指値オペの連日の実行だけでなく、それ以外の通常の国債買い入れを倍増させ、さらに、イールドカーブコントロール政策で明示的に約束している10年物の国債だけでなく、それ以上の満期、20年物などの超長期債までも、買い入れの予定になかったにもかかわらず、急遽買い入れを行ったのである。

日銀だけがあえて円安を指向した

これは、大事件だ。

これを行えば、円が急落することは当然予想されたはずである。しかし、それでもあえて行ったのである。しかも、明示的にコミットしている10年国債金利0.25%を死守するだけでなく、それ以上の期間の金利をも低下させようと、積極的にサプライズを起こした買い入れを行ったのである。
これは、大事件どころか、「大大大事件」である。

なぜ、こんなことを日銀が行ったのか。

日銀は、これまでも金融政策に失敗したことは何度かある。もっとも大きなものは、1985年のプラザ合意後の急激な円高に対して、金融緩和を継続したことである。この結果、国内不動産市場、株式市場、そして実体経済にも、日本の歴史上最大のバブルに拍車をかけることになった。これは、円高不況と言われ、政治的に「何がなんでも円高を止めろ」、という政治の圧力に抵抗できなかったからである。

これは失敗だが、当時としてみれば仕方がない面もあり、理解できる。しかし、今回は、政治的な圧力は逆方向なのである。輸入価格の高騰による物価高を抑える、そのために円安はなんとしても抑える、という政治的圧力なのである。しかし、それに抵抗して、円安を指向したのである。しかも孤軍奮闘して、日本銀行だけが円安をあえて指向したのである。

政治的圧力もなく、メディアの圧力もない。世論はもちろん輸入価格上昇を抑え、物価高を回避してほしい。それでも日銀が円安を指向したのはなぜか。

黒田総裁が、円安指向であるのは事実である。だが、現在の状況では必ずしも円安が良いとは言えないことは、記者会見で彼がどう答弁しようが、わかっていないはずはない。メディアは安直に日銀、黒田総裁を批判するが、彼らはプロ中のプロ、セントラルバンカーである。一般メディアにわかることがわからないはずはない。

では、いったいなぜなんだ?

次ページ日銀は何を守ろうとしたのか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT