有料会員限定

識者が語るウクライナ情勢と今後 立教大学教授 蓮見 雄/日本エネルギー経済研究所 栗田抄苗

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

ロシアのウクライナ侵攻、そして対ロ経済制裁で世界経済やエネルギー情勢はどうなるのか? 識者に聞いた。

「プーチン失脚でも事態は変わらないかもしれない」

冷戦時代からロシアと欧州の経済を見てきた立教大学の蓮見雄教授に今回の事態の影響について聞いた。

──停戦協議がまとまらない中、世界経済への影響が出ています。

立教大学教授 蓮見 雄(はすみ・ゆう)1960年生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒業。ソビエト連邦・ロシア経済から欧州経済、エネルギー政策まで研究。立正大学教授を経て2017年から現職。

世界経済のあり方が大西洋中心から太平洋へと構造的に変わる過程で、変化に伴う争いが起きると思っていたし、実際に米中対立が起きている。それが欧州とアジアの間に位置するロシアの行動に影響するとは思っていた。しかし、それが軍事侵攻という形で起きたのはたいへん遺憾だ。中国の存在がなければ思いとどまったかもしれない。同時に、冷戦後の西側資本主義陣営のやり方に問題がなかったのかも考えてみる必要がある。

──ウクライナの今後は?

事態の推移によるが、ウクライナは苦渋の選択をせざるをえないだろう。煮え湯を飲まされたとしても、時間をかけて経済的に豊かになることを目指すしかない。

ウクライナの経済は厳しい。豊かな穀倉地を持ち優れた技術や人材があるのに、1人当たりGDP(国内総生産)は4000ドルを切る。これはロシアのせいではない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経済超入門 2022
国際派エコノミストが語る経済の読み方
知っておきたい話題を厳選
知っておきたい統計データ
ビジネスに役立つデータも
経済の状況は統計からわかる
これだけは知っておきたい
経済基本知識・用語3|「名目」と「実質」って何?
経済基本知識・用語2|為替レートの仕組み
経済基本知識・用語1|金利・金融政策
経済のギモンQ&A5|お金
経済のギモンQ&A4|年金
経済のギモンQ&A3|雇用
経済のギモンQ&A2|賃金
経済のギモンQ&A1|日本経済
歴史からひもとくウクライナとロシア
立教大学教授 蓮見 雄/日本エネルギー経済研究所 栗田抄苗
ウクライナと世界|原油100ドル前後で高止まり
経済大図解5|GAFAM対世界の当局
経済大図解4|カーボンニュートラル
経済大図解3|半導体不足
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内