有料会員限定

Q. 暗号資産が普通の通貨になるのか? 経済のギモンQ&A5|お金

印刷
A
A
(Graphs / PIXTA)

特集「経済超入門 2022」の他の記事を読む

2月、「お金」にまつわるちょっとしたニュースが駆け巡った。日本銀行によると、1月の硬貨流通量は前年同月比0.1%減の5兆0394億円となり、実に2012年5月以来、約10年ぶりの減少を記録したのだ。

1円玉から100円玉までは以前から前年割れだったが、大幅な増加を続けていた500円玉も前年同月比伸び率が急低下し、2月には0.2%減と前年を下回った。ニッセイ基礎研究所の上野剛志上席エコノミストは「小口決済がメインであるQRコード決済や電子マネーの利用が伸びたことに加え、1月にゆうちょ銀行が硬貨の預け入れ手数料を導入したことも影響したのではないか」と指摘する。

海外より出遅れていた日本のキャッシュレス化も着実に進みつつあることを示すニュースだ。

一方、お金の世界をめぐっては、暗号資産関連のニュースも途切れることがない。相変わらずの価格乱高下を見せるビットコインに加え、米ドルなど法定通貨に価値をひも付けた暗号資産「ステーブルコイン」の発行急増や、中央銀行が発行するデジタル通貨「CBDC」計画への注目も高まっている。

新しい便利なお金の登場はうれしい限りだ。しかし、たくさんの新顔が現れ、技術革新も激しいため、私たちのお金の将来像は混沌としているように見える。時々刻々と変化するニュースのポイントをいかに押さえていけばいいのか。

貨幣の種類は2つだけ

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経済超入門 2022
国際派エコノミストが語る経済の読み方
知っておきたい話題を厳選
知っておきたい統計データ
ビジネスに役立つデータも
経済の状況は統計からわかる
これだけは知っておきたい
経済基本知識・用語3|「名目」と「実質」って何?
経済基本知識・用語2|為替レートの仕組み
経済基本知識・用語1|金利・金融政策
経済のギモンQ&A5|お金
経済のギモンQ&A4|年金
経済のギモンQ&A3|雇用
経済のギモンQ&A2|賃金
経済のギモンQ&A1|日本経済
歴史からひもとくウクライナとロシア
立教大学教授 蓮見 雄/日本エネルギー経済研究所 栗田抄苗
ウクライナと世界|原油100ドル前後で高止まり
経済大図解5|GAFAM対世界の当局
経済大図解4|カーボンニュートラル
経済大図解3|半導体不足
経済大図解2|インフレ
ウクライナへの侵攻はロシアの地政学的要求
経済大図解1|ロシアと中国 地政学リスクの最前線
経済超入門 2022
ウクライナ・インフレ…激動世界の読み方
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内