有料会員限定

企業ニュースを押さえる 知っておきたい話題を厳選

印刷
A
A

経済を具体的に理解するうえで、企業の動きを見ることも重要だ。

ビジネスパーソンなら基本的に押さえておきたいニュースがある。そこで企業再編や提携など話題になっている企業ニュースを10選び、その概要について解説していく。

1. 歴史的な「EV連合」
新しいモビリティー目指しソニーとホンダが提携

日本を代表する2社が歴史的な提携を実現させた。ソニーグループとホンダは3月4日、モビリティー分野で戦略的な提携に向け協議を進めることで合意したと発表した。ソニーが持つITやエンターテインメントと、ホンダが持つ車体製造の技術やアフターサービスのノウハウを掛け合わせて、「新しいモビリティーサービス」を目指す。2022年中に共同出資会社を設立。当初の生産にはホンダの設備を使い、25年に初期モデルの電気自動車(EV)販売開始を目指す。具体的な出資比率や人員構成などは未定だ。

複数の協業話がある中、ソニー吉田社長(左)が選んだのはホンダ三部敏宏社長(右)だった(撮影:尾形文繁)

特集「経済超入門 2022」の他の記事を読む

なぜ、この組み合わせだったのか。ソニーの吉田憲一郎社長は「ホンダの新しいことにチャレンジする企業文化や、技術力に引かれた」と話す。一見、ホンダがソニーの下請けになりかねない提携だ。しかし、ホンダは「リカーリングビジネス」と呼ばれる、月額課金などで継続的に利益を稼げる事業モデルへの転換を模索していたところだった。すでに米テスラは、ソフトウェアのアップデートを活用した月額課金サービスを始めている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経済超入門 2022
国際派エコノミストが語る経済の読み方
知っておきたい話題を厳選
知っておきたい統計データ
ビジネスに役立つデータも
経済の状況は統計からわかる
これだけは知っておきたい
経済基本知識・用語3|「名目」と「実質」って何?
経済基本知識・用語2|為替レートの仕組み
経済基本知識・用語1|金利・金融政策
経済のギモンQ&A5|お金
経済のギモンQ&A4|年金
経済のギモンQ&A3|雇用
経済のギモンQ&A2|賃金
経済のギモンQ&A1|日本経済
歴史からひもとくウクライナとロシア
立教大学教授 蓮見 雄/日本エネルギー経済研究所 栗田抄苗
ウクライナと世界|原油100ドル前後で高止まり
経済大図解5|GAFAM対世界の当局
経済大図解4|カーボンニュートラル
経済大図解3|半導体不足
経済大図解2|インフレ
ウクライナへの侵攻はロシアの地政学的要求
経済大図解1|ロシアと中国 地政学リスクの最前線
経済超入門 2022
ウクライナ・インフレ…激動世界の読み方
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内