インド合弁解消で見たホンダ2輪戦略の凄み


その先にあるのはグローバル供給拠点

今後ホンダはHMSIの生産能力アップを急ぐ。HMSIはインド北部、デリー郊外に生産能力155万台の工場を有するが、そこから約40キロメートル南に第2工場を建設中だ。当初2期に分けて60万台ずつ増強の計画だったが、今回の合弁解消を受け、一気に120万台分の能力を拡充する。すでにインド南部を中心に、第3工場の建設も検討している。

開発体制も強化する。ヒーローとのすみ分けがなくなり、今後はボリュームゾーンの100�のモーターサイクルを自社ブランドで手掛ける。課題の販売網構築のため、4月に新組織を立ち上げる。

さらにインドで期待されるのが世界の供給拠点としての役割だ。ホンダの2輪車戦略は、現地化の枠を飛び越え、最もコストの安い国で生産し、世界で販売する戦略に移っている。第1弾がタイで生産、昨年投入したスクーター「PCX」だ。相場より2~3割安い価格で、日欧では計画の倍を超えるヒットとなった。第2弾の「CBR250R」も投入済みで3月からインドでも生産する。

今年は中国で開発した125�クラスの低価格車をアフリカのナイジェリアで販売する。ナイジェリアでは中国勢が強いが、ここ2~3年、都市部でインドメーカーのバジャジ・オートが席巻、ホンダはバジャジ並みの低価格を目指す。これから中国に続きインドでも、グローバル戦略車の生産が加速することになる。

その前提としてホンダは少なくとも20年までに、インドでのシェアトップを目指す。合弁解消で一時的に収益低下も懸念されるが、ヒーローからのロイヤルティがすぐになくなるわけでなく、その間にHMSIの能力を増強するシナリオだ。

「4輪と違い、2輪は経営のミスがないかぎり、世界で負けるはずない」(大山専務)。強気のシナリオどおり、事は進むか。急成長するインド市場で、今まで以上に経営のスピードが求められるのは間違いない。

◆ホンダの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(並木厚憲 =週刊東洋経済2011年1月29日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT