国内外の主要スケジュール 2022年 中国と選挙、金融に大注目!

印刷
A
A

2022年は「中国、選挙、金融」から目が離せない。中でも中国は2月からの北京冬季オリンピック・パラリンピック、3月の全国人民代表大会、そして秋の共産党大会と1年を通じてビッグイベントが目白押し。新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」の感染拡大が懸念される中でスポーツの祭典が無事開催できるのか、習近平党総書記(国家主席)が異例の3期目に突入するのかが気になるところだ。

選挙も国内外で相次ぐ。1月のイタリア大統領選挙、3月の韓国大統領選挙、4月のフランス大統領選挙、7月の日本の参議院議員選挙、11月には米国で中間選挙がある。とくに韓国と米国の選挙結果は日本の外交関係に大きな影響を与えると、ジャーナリストの池上彰氏も22年の焦点の1つとして挙げている(→関連記事へ)。

金融では、2月に2期目に入るパウエル議長率いる米FRBが、金融緩和政策の終焉をいつ迎えるかがポイント。インフレ高進でテーパリング(量的緩和策による資産買い入れ額を徐々に減らす出口戦略)完了も3月に早まる予定だ。日本では超金融緩和がいまだ続いており、日米金利差の拡大が懸念される。一方、4月にスタートする日本取引所グループ・東京証券取引所の新3市場区分も注目だ。

歴史的な周年イベントも

ほかには、1月から岸田政権が初の通常国会に臨み、経済安全保障など重要法案の本格審議が始まる。経営統合関係では、4月のLINE PayのPayPayへの統合、青森県や愛知県、東北で地方銀行の統合がある。気候変動は国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)が11月にエジプトで開かれるほか、国際会計基準に変動リスクの導入方針が6月にも示されそうだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2022年大予測
ネット配信|ネットフリックス共同CEO テッド・サランドス
チャレンジ|東京五輪スケートボード金メダリスト 堀米雄斗
闇の正体|作家 桐野夏生
脱成長|解剖学者 養老孟司
オミクロン|獣医師・博士(獣医学) 水谷哲也
資本主義|日本総合研究所理事長 翁 百合
エンパシー|ライター・コラムニスト ブレイディみかこ
人材活性化|サントリーホールディングス 社長 新浪剛史
性差と賃金|日本労働組合総連合会 会長 芳野友子
経済安保|経済安全保障担当大臣 小林鷹之
エネルギー|IHSマークイット副会長 ダニエル・ヤーギン
格差と分断|米シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス教授 ラグラム・ラジャン
生き方|アンドリュー・スコット×リンダ・グラットン×平野未来
人生哲学|日本電産会長 永守重信
持続可能性|日本経済団体連合会会長(住友化学会長)十倉雅和
不確実性|仏パリ経済学校教授 ダニエル・コーエン
世界の課題|経済学者・思想家・作家 ジャック・アタリ
池上彰が先読み
2022年大予測
108テーマで未来の激変をすべて先読み!
国内外の主要スケジュール
2022年 中国と選挙、金融に大注目!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内