有料会員限定

「ローカルらしさの貫徹が生んだ『イカゲーム』のヒット」 ネット配信|ネットフリックス共同CEO テッド・サランドス

印刷
A
A
Ted Sarandos 1964年生まれ。2000年ネットフリックス入社。以降、あらゆるコンテンツの調達および製作を担当するチームを統括。『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(13年)などオリジナルコンテンツの製作を主導。20年、創業者兼会長兼CEOリード・ヘイスティングス氏と並んで共同CEOに就任。最高コンテンツ責任者を兼務。(©Art Streiber)

特集「2022年大予測」の他の記事を読む

ネットフリックスが日本に進出して7年目に入った。現在、国内会員数は500万人、日本発の映画やシリーズの世界配信本数は約90本に達する。ネットフリックス共同CEO/最高コンテンツ責任者であるテッド・サランドス氏は「日本国内でネットワークを築けた結果」と評価した。では、日本からも韓国オリジナルシリーズ『イカゲーム』のような世界的ヒットを生み出せる可能性ははたしてあるのか。その答えを独占インタビューで明かした。

──2021年第3四半期(7~9月)決算は売上高が前年同期比16%増の約75億ドルという好業績です。アジア地域の好調が要因ということでしょうか。

好調の要因は、世界的な傾向として、提供する作品そのものに興味を持ってもらっていること。日本進出以前と比べると、ローカル発コンテンツは着実に増えている。そうしたコンテンツが求められていることも大きい。

──なぜローカル発コンテンツが注目されているのでしょうか。

ローカルらしさを持ち合わせたストーリーテリングをグローバルプラットフォームに乗せることで、世界的なヒットに結び付けることができた。単純にグローバルで受けるものをつくろうとしても、継ぎはぎだらけのものになりかねない。普遍的でローカルらしいコンテンツであるからこそ、世界の誰かの心を打つのだと思う。

──1億4000万世帯に視聴された『イカゲーム』は成功例です。それまで世界視聴トップだった『ブリジャートン家』と比較すると、制作費は低く、外国語作品という不利な条件もあった。なぜヒットしたと思いますか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2022年大予測
ネット配信|ネットフリックス共同CEO テッド・サランドス
チャレンジ|東京五輪スケートボード金メダリスト 堀米雄斗
闇の正体|作家 桐野夏生
脱成長|解剖学者 養老孟司
オミクロン|獣医師・博士(獣医学) 水谷哲也
資本主義|日本総合研究所理事長 翁 百合
エンパシー|ライター・コラムニスト ブレイディみかこ
人材活性化|サントリーホールディングス 社長 新浪剛史
性差と賃金|日本労働組合総連合会 会長 芳野友子
経済安保|経済安全保障担当大臣 小林鷹之
エネルギー|IHSマークイット副会長 ダニエル・ヤーギン
格差と分断|米シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス教授 ラグラム・ラジャン
生き方|アンドリュー・スコット×リンダ・グラットン×平野未来
人生哲学|日本電産会長 永守重信
持続可能性|日本経済団体連合会会長(住友化学会長)十倉雅和
不確実性|仏パリ経済学校教授 ダニエル・コーエン
世界の課題|経済学者・思想家・作家 ジャック・アタリ
池上彰が先読み
2022年大予測
108テーマで未来の激変をすべて先読み!
国内外の主要スケジュール
2022年 中国と選挙、金融に大注目!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内