有料会員限定

再編実現も新陳代謝は緩慢 東証新3市場

✎ 1〜 ✎ 42 ✎ 43 ✎ 44 ✎ 最新
拡大
縮小
2021年夏に刷新された東証Arrowsの円形大型LED表示システム(撮影:梅谷秀司)

特集「ゲームチェンジが始まった」の他の記事を読む

2022年4月、足かけ5年で準備されてきた東京証券取引所の市場改革が実行される。東証1部・2部・マザーズ、ジャスダックという名称は姿を消し、プライム市場、スタンダード市場、グロース市場の3つに再編される。

とくにプライムは「グローバルな投資家との建設的な対話を中心に据えた企業向けの市場」(東証)と定義され、時価総額や情報開示、ガバナンスの点でほかの市場より高い水準が求められる。

市場改革の議論がスタートしたのは18年(下表)。各市場のコンセプトが曖昧でマザーズとジャスダックでは新興企業向けの市場という位置づけが重複している、新規に上場する際の基準と比べて上場を維持するための基準が緩く企業の新陳代謝が進んでいない、という2つの指摘を受けたからだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゲームチェンジが始まった
医療
製薬
インタビュー/元JAXA宇宙飛行士 山崎直子
インタビュー/住友林業 社長 光吉敏郎
マンション・住宅
不動産
インタビュー/大成建設 社長 相川善郎
建設
インタビュー/東急 社長 髙橋和夫
都市・ターミナル開発
インタビュー/森トラスト 社長 伊達美和子
インタビュー/JR東日本 社長 深澤祐二
エアライン
鉄道
ホテル・レジャー
陸運
化粧品
インタビュー/高島屋 社長 村田善郎
アパレル
インタビュー/明治ホールディングス 社長 川村和夫
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内